労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 労災隠しとは?

労災隠しとは?


労働安全衛生法により、仕事中に負った傷病等で労働者が4日以上休業した場合または死亡した場合、事業主は労働基準監督署に『労働者死傷病報告』を遅滞なく提出しなければなりません。

そして、4日以下休業についても、四半期ごとに報告が必要です。例えば、4月~6月分を7月に報告します。

報告書を提出しないと50万円以下の罰金が科せられます。

通勤災害については『労働者死傷病報告』を提出する必要はありません。

以上を見ると、労働安全衛生法のことで労災保険とは関係ないように思いますが、報告書を提出しなかったり虚偽の報告をするのは、労働者に労災保険を使わせないためであり、これを労災隠しと言います。

『私生活のケガ・病気には健康保険』、『仕事中または通勤中のケガ・病気には労災保険』を適用しなければならず、労災保険を使わせないようにする労災隠しは違法です。

なお、労災隠しは報告書を提出しないことまたは虚偽の報告をすることなので、事業主が労災保険給付の請求書を作成・提出しないことは労災隠しには該当しません。

労災保険給付の請求書の作成・提出については、事業主は労働者を助けるようにと定められており、義務とはなっていないからです。



なぜ、会社は労災隠しするのか?

一部の事業を除き、ほとんどの会社は労災保険に加入しなければなりません。

当然、事業主が労災保険料を払っているのですが、ではなぜ労災隠しするのでしょうか?

それにはいくつかの理由が考えられます。

労災保険に加入していない
適用事業所にもかかわらず労災保険を払っていない会社も存在しています。

労災保険を使うと保険料が高くなる
自動車保険は事故を起こすと保険料が高くなりますが、これと同じように、労災保険を使うと保険料が高くなります。

労災が多いと社会的信用を失う
頻繁に労働災害が発生していることが広まれば、取引先企業や消費者も離れていきます。

報告書の作成・提出が面倒
労働基準監督署へ提出する労働者死傷病報告の作成の知識がなかったり、作成・提出が面倒との理由で提出しない。

細かい理由は他にもありますが、大体以上のことが労災隠しをする理由です。



当然、労災隠ししている会社は労災保険給付の請求書を作成してくれませんが、自分で書いて提出することはできます。

その場合、請求書の事業主証明に署名してくれない旨の書類を添付しましょう。

なお、事業主の意に反して労災保険給付の請求書を提出しても、それを理由に労働者を解雇したり不利に扱うことは労働基準法で禁止されているのでご安心ください。

仕事中のケガ・病気には健康保険は使えないので、労災申請しないと治療を受けられなくなってしまいます。


関連記事

労災保険は、基本的に、労働者を使用している事業所について強制加入となっています。 その事業所のことを適用事業所と言いますが、以下の適用除外...


通勤災害とは、労働者が通勤によって負傷、疾病、障害または死亡することを言います。 また、通勤による疾病は労働者災害補償保険法施行規則18条...


仕事中や通勤途中に怪我をしたり、病気になった場合は、労災指定病院等で無料で治療や薬をもらったりできます。 これが療養補償給付という保険給付...


基本的に、労働者を使用する事業は労災保険に加入しなければならず、暫定任意適用事業所についても労働者の過半数が希望したら加入しなけれなりません...


労働災害・通勤災害の発生から、労災保険給付の支給までの流れを説明いたします。 請求書・申請書の作成は、会社が代行してくれないなら自分で行わ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年4月6日-骨がまだくっついてない状態のまま仕事復帰。病院に通いつつな...

労災に関する質問と回答

2017年3月13日-今月の給料から、労災保険311円が差し引かれました。労災...

労災に関する質問と回答

2017年2月22日-会社の社会保険から国民健康保険に切り替えた後、会社の健康...

労災保険カテゴリー

サイト情報