労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 労災申請の流れ

労災申請の流れ


労働災害・通勤災害の発生から、労災保険給付の支給までの流れを説明いたします。

請求書・申請書の作成は、会社が代行してくれないなら自分で行わなければなりません。


(1)労働災害・通勤災害の発生

仕事中または通勤中に、傷病を負います。なお、労働者が亡くなった場合は、(7)の遺族補償給付の手続きをすることになります。

 
(2)療養補償給付の手続き

病院や診療所で治療を受けたり、薬局で薬をもらう療養補償給付の手続きをします。労災病院等ならば無料で受けられ、請求書もココを通じて行えますが、それ以外の医療機関の場合は治療費を立替なければならず、請求書も自ら労働基準監督署に提出しなければなりません。

 
(3)休業補償給付の手続き (療養補償給付との併給可能)

労災によって4日以上会社を休む場合は、休業補償給付の請求手続きが必要となります。労働基準監督署に『休業補償給付支給請求書(様式第8号)』、『休業給付支給請求書(様式第16の6)』を提出しますが、本人は働けないくらい体の状態が悪く、また、平均賃金算定内訳など知識がないと作成できない書類なので、できれば会社の助けを借りたいです。なお、業務災害の『休業補償給付』については労働基準法により、最初の3日間について事業主が補償しなければなりませんが、通勤災害の『休業給付』については補償の義務はありません。

 
(4)傷病補償年金の支給 (療養補償給付との併給可能)

療養開始後1年6ヶ月経過しても傷病が治っていない場合は、休業補償給付に代わって傷病補償年金が支給されます。注意が必要なのは、休業補償給付とは併給されないということです。なお、手続きは不要ですが、『傷病の状態等に関する届書』の提出が必要です。

 
(5)障害補償給付の手続き

労災による傷病が治った時に一定以上の障害が残った場合は、障害補償給付の請求手続きが必要となります。『障害補償給付支給請求書』を労働基準監督署に提出して労災認定されると、その障害の程度により年金または一時金が支給されます。

 
(6)介護補償給付の手続き (傷病補償給付・障害補償給付との併給可能)

傷病または障害により要介護状態になった場合は、『介護補償給付支給請求書』を労働基準監督署へ提出します。

 
(7)遺族補償給付の手続き

労働災害または通勤災害により労働者が亡くなった場合は、遺族補償年金または遺族補償一時金の請求手続きをしてください。受給権者が労働基準監督署に『遺族補償年金支給請求書』、『遺族補償一時金支給請求書』を提出します。



労災申請の流れとしては上記のとおりですが、その状態によって人それぞれ順番が異なります。

なお、保険給付の支払いについては、保険給付の支給期間をご覧ください。


関連記事

労働基準法には、仕事でケガや病気等になった時に、使用者が被災労働者に災害補償しなければならないと定められています。 その内容を見てみると、...


労災保険の適用事業に使用される労働者は、労災保険の適用を受けることになり、これを適用労働者と言います。 実際には、事業所単位で加入し、被保...


仕事中にケガをした場合に、『これって労災効くかなぁ?』と言っている人を見たことがある方は多いのではないでしょうか? 中には...


労災保険は、基本的に、労働者を使用している事業所について強制加入となっています。 その事業所のことを適用事業所と言いますが、以下の適用除外...


労働安全衛生法により、仕事中に負った傷病等で労働者が4日以上休業した場合または死亡した場合、事業主は労働基準監督署に『労働者死傷病報告』を遅...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年4月6日-骨がまだくっついてない状態のまま仕事復帰。病院に通いつつな...

労災に関する質問と回答

2017年3月13日-今月の給料から、労災保険311円が差し引かれました。労災...

労災に関する質問と回答

2017年2月22日-会社の社会保険から国民健康保険に切り替えた後、会社の健康...

労災保険カテゴリー

サイト情報