労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)

入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)


65歳以上の被保険者・被扶養者が、保険医療機関等である病院または診療所に入院して、療養の給付と併せて生活療養(食事・居住)を受けた時に支給されるのが『入院時生活療養費』です。

特定長期入院被保険者(65歳に達する日の翌月以後である被保険者)を対象としており、65歳未満の方には食事のみの入院時食事療養費が適用されます。



入院時生活療養費の額

入院時生活療養費は、生活に要する平均的な費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額となっています。

実際には、被保険者・被扶養者が生活療養標準負担額を保険医療機関等に支払い、残りの部分を現物給付として受けることになります。


対象者 生活療養標準負担額
(食費 + 居住費)
健康保険・国民健康保険・共済制度共通
入院時生活療養費I

※地方厚生局長に届け出た保険医療機関による生活療養
1食460円 + 1日320円
入院時生活療養費II
※それ以外の保険医療機関による生活療養
1食420円 + 1日320円
低所得者II
※市町村民税非課税者
※難病者等を除く
1食210円 + 1日320円
低所得者I
※所得がない者等
※難病者等を除く
1食130円 + 1日320円
難病者等
※病状の程度が重篤な者等
1食260円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日以下)
※市町村民税非課税者
1食210円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日超)
※市町村民税非課税者
1食160円 + 1日0円
難病等である低所得者I
※所得がない者等
1食100円 + 1日0円

関連記事

健康保険は、任意継続被保険者以外、会社や工場など事業所を単位として適用されます。 つまり、その事業所で働く人は、労働時間が極端に短い等の理...


国民健康保険料は世帯ごとに算出され、納付書という形で手元に届きます。 そして、銀行や郵便局、コンビニエンスストアでの納付や口座振替によって...


被保険者・被扶養者が、保険医療機関等である病院または診療所に入院して、療養の給付と併せて食事療養を受けた時に支給されるのが『入院時食事療養費...


現在の日本は国民皆保険で、すべての人が何らかの医療保険に加入して保険料を納付し、その代わりとして病気やケガを負った時に保険給付を受けられるよ...


被保険者や被扶養者が、自分で選んだ保険医療機関等(病院・診療所・薬局)で、評価療養または選定療養を受けた時に支給されるのが『保険外併用療養費...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年3月13日-今月の給料から、労災保険311円が差し引かれました。労災...

労災に関する質問と回答

2017年2月22日-会社の社会保険から国民健康保険に切り替えた後、会社の健康...

労災に関する質問と回答

2016年9月13日-労働基準監督署より労災の支給を止める連絡がありました。1...

労災保険カテゴリー

サイト情報