労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 障害補償年金差額一時金

障害補償年金差額一時金


障害補償年金の受給権者が死亡した場合に、すでに支給を受けた障害補償年金と障害補償年金前払一時金の合計額が、障害等級に応じた下記の額を超えていなければ、その差額を受給することができます。

障害補償年金を受給して早くに亡くなった場合、受給額が少なくなってしまうため、障害補償年金前払一時金の限度額までは支給するという意味合いがあります。

なお、通勤災害の場合は、障害年金差額一時金と言います。



障害補償年金差額一時金の支給額

障害補償年金差額一時金の額は、障害等級に応じた限度額(障害補償年金前払一時金の限度額と同じ)から、すでに支給を受けた障害補償年金及び障害補償年金前払一時金の額を引いた額となります。

障害補償年金差額一時金の支給限度額 - 受給済みの障害補償年金・前払一時金

障害補償年金差額一時金の支給限度額
給付基礎日額
第1級 1340日分
第2級 1190日分
第3級 1050日分
第4級 920日分
第5級 790日分
第6級 670日分
第7級 560日分

なお、障害補償年金差額一時金の受給権者には、ボーナス特別支給金である障害特別年金差額一時金も支給されます。



障害補償年金差額一時金の受給権者

障害補償年金差額一時金の支給を受けることができるのは、次に記す順番であり、一番上位の遺族が受給権者となります。

つまり、死亡の当時その者と生計を同じくしていた配偶者と子がいる場合、配偶者のみが受給権者となるのです。

受給権者が複数いる場合(子が受給権者の場合等)は、そのすべての人が受給権者となりますが、請求・受領は代表者1名が行い、その後、受給権者数で除して分配することになります。

ただし、障害補償年金の受給権者を故意に死亡させた者は、障害補償年金差額一時金を受給できなくなります。

障害補償年金差額一時金の受給権者順位
受給権者の死亡の当時その者と生計を同じくしていた
(1) 配偶者(事実上婚姻関係にあった者も含む)
(2) 子
(3) 父母
(4) 孫
(5) 祖父母
(6) 兄弟姉妹

受給権者の死亡の当時その者と生計を同じくしていなかった
(7) 配偶者(事実上婚姻関係にあった者も含む)
(8) 子
(9) 父母
(10) 孫
(11) 祖父母
(12) 兄弟姉妹


関連記事

労災保険は労働基準法の災害補償を事業主の代わりに行う制度ですが、介護補償については労基法では規定されていません。 しかし、介護を要する状態...


遺族補償年金の支給を受ける際に、まとまったお金が必要な場合は、遺族補償年金前払一時金として、給付基礎日額の1,000日分を上限に一時金の支給...


休業補償給付の支給を受けるためには、次の3つの要件をすべて満たす必要があります。 業務上の負傷または疾病により療養していること ...


遺族補償一時金は、労働者の死亡の当時、遺族補償年金の受給資格者がいない場合に、給付基礎日額の1,000日分が支給されます。 ただし、遺族補...


二次健康診断等給付は、『過労死』等の原因である脳血管疾患・心臓疾患の予防を図るために、平成13年4月1日より行われている保険給付です。 業...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年3月13日-今月の給料から、労災保険311円が差し引かれました。労災...

労災に関する質問と回答

2017年2月22日-会社の社会保険から国民健康保険に切り替えた後、会社の健康...

労災に関する質問と回答

2016年9月13日-労働基準監督署より労災の支給を止める連絡がありました。1...

労災保険カテゴリー

サイト情報