労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 第三者行為災害

第三者行為災害


業務災害、通勤災害が第三者の加害行為によって生じた場合、その第三者から損賠賠償が行われます。

労災保険では、この損害賠償と保険給付を調整することになっていて、重複して損害が補填されません。

行われた順番により、それぞれ次のように調整されます。

労災保険給付が先に行われた場合
同一の事由について、損害賠償を受ける前に労災保険給付を受けたときは、政府は、その価額の限度で、第三者から損害賠償を請求(求償)できます。

第三者からの損害賠償が先に行われた場合
同一の事由について、労災保険給付を受ける前に損害賠償を受けたときは、政府は、その価額の限度で保険給付をしないこと(控除)ができます。

以上のように調整されますが、受けた損害賠償が法定の労災保険給付を上回るときは支給されず、下回るときは差額が支給されます。

そして、年金の場合は、支給すべき年金額が損害賠償額に達するまでの間、災害発生後3年を限度に支給停止されます。

なお、調整されるのは、保険給付と同一の事由に基づく損害賠償のみであり、慰謝料等は含まれません。



示談

示談が真正に成立しており、損害賠償請求権の全部の補填を目的としている場合、政府は保険給付を行いません。

ただし、示談成立前に行われた保険給付に対しては求償を行います。



第三者行為災害の届出

以上に述べたように、労災保険給付と損害賠償は調整されます。

したがって、第三者行為災害に遭い労災保険給付を受ける時は、その災害の内容と第三者の氏名・住所を遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る必要があります。


関連記事

労働災害の発生について、事業主に民事損害賠償の責任がある場合、民事損害賠償と労災保険給付の間で、次のように調整されます。 どちらの請求も認...


同一の事由による障害や死亡が原因で、労災保険の保険給付と他の社会保険(国民年金・厚生年金保険)の給付が行われる場合、一部を除き、労災保険給付...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年6月27日-先日、現況報告を済ませたばかりですが、6月XX日、年金受...

労災に関する質問と回答

2017年6月21日-通退勤含む業務中のケガ等が発生した場合に、必ずしも労災保...

労災に関する質問と回答

2017年6月14日-建設業です。三次下請け会社ですが、元請け先が現場毎に労災...

労災保険カテゴリー

サイト情報