労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 保険給付の時効

保険給付の時効


保険給付を受ける権利(基本権)の時効期間及び起算日は以下の通りです。

なお、支給決定が行われた保険給付を受ける権利(支分権)については、会計法の規定により、傷病(補償)年金を含めすべて5年で時効消滅します。

時効の問題は関係ないと思われる方がいるかもしれませんが、時効前に請求しないともう支給されないということです。

実際、相談される方の中には、本来なら保険給付を受けられるのに、時効を過ぎてから相談して『もう請求できません』と回答するしかないこともあります。

おそらく、職場で同じ状況の方を見たり、ネットでたまたま知って、今でももらえるんじゃないかと思い相談されているのだと思いますが、時効を過ぎたらお手上げです。

時効を気にしなくてもいいように、傷病等を負ったらすぐに手続きしましょう。



時効期間2年の保険給付

療養(補償)給付 療養に要する費用を支払った日の翌日から起算して2年
休業(補償)給付 労働不能となった日の翌日から起算して2年
介護(補償)給付 介護を受けた月の翌月の初日から起算して2年
障害(補償)年金前払一時金 傷病が治った日の翌日から起算して2年
遺族(補償)年金前払一時金 労働者が死亡した日の翌日から起算して2年
葬祭料(葬祭給付) 労働者が死亡した日の翌日から起算して2年
二次健康診断等給付 労働者が一次健康診断の結果を知った日の翌日から起算して2年


時効期間5年の保険給付

障害(補償)年金 傷病が治った日の翌日から起算して5年
障害(補償)一時金 傷病が治った日の翌日から起算して5年
障害(補償)年金差額一時金 障害(補償)年金の受給権者が死亡した日の翌日から5年
遺族(補償)年金 労働者が死亡した日の翌日から起算して5年
遺族(補償)一時金 労働者が死亡した日の翌日から起算して5年

時効期間なし

傷病補償年金 => 政府が職権によって支給決定する


関連記事

年金たる保険給付の支給は、月単位で行われ、支給すべき事由が生じた月の翌月から始まり、支給を受ける権利が消滅した月で終わります。 実際には、...


政府は、偽りその他不正の手段により保険給付を受けた者から、その保険給付に要した費用の全部または一部を徴収することができます。 それが、事業...


年金たる保険給付の受給権者が亡くなったため、その受給権が消滅したにもかかわらず、死亡日の属する月の翌月以後の分としてその年金たる保険給付が誤...


以下の1~3に該当する場合、保険給付の支給が制限されることがあります。 労働者が故意に負傷、疾病、障害若しくは死亡またはその直接の原...


労災保険の保険給付を受ける権利は、以下の2つから成り立っています。 基本権 基本権とは、年金たる保険給付を受ける権利そのもののこ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年6月27日-先日、現況報告を済ませたばかりですが、6月XX日、年金受...

労災に関する質問と回答

2017年6月21日-通退勤含む業務中のケガ等が発生した場合に、必ずしも労災保...

労災に関する質問と回答

2017年6月14日-建設業です。三次下請け会社ですが、元請け先が現場毎に労災...

労災保険カテゴリー

サイト情報