労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 社会保険との調整

社会保険との調整


同一の事由による障害や死亡が原因で、労災保険の保険給付と他の社会保険(国民年金・厚生年金保険)の給付が行われる場合、一部を除き、労災保険給付が減額調整されます。

あくまでも、同一の事由に限られますので、老齢基礎年金・老齢厚生年金は調整の対象となりません。



年金の調整

同一の事由によって労災保険の年金たる保険給付と他の社会保険の年金給付が支給される場合、他の社会保険の年金給付が全額支給され、労災保険の年金たる保険給付は次の率を乗じた額に減額されます

障害(補償)年金の減額
・障害(補償)年金 0.73 - 障害厚生年金及び障害基礎年金 全額
・障害(補償)年金 0.83 - 障害厚生年金 全額
・障害(補償)年金 0.88 - 障害基礎年金 全額

遺族(補償)年金の減額
・遺族(補償)年金 0.80 - 遺族厚生年金及び遺族基礎年金 全額
・遺族(補償)年金 0.84 - 遺族厚生年金 全額
・遺族(補償)年金 0.88 - 遺族基礎年金 全額

傷病(補償)年金の減額
・傷病(補償)年金 0.73 - 障害厚生年金及び障害基礎年金 全額
・傷病(補償)年金 0.86 - 障害厚生年金 全額
・傷病(補償)年金 0.88 - 障害基礎年金 全額

ただし、
「調整後の労災保険の年金額 + 社会保険の年金額 < 調整前の労災保険の年金額」
となる場合は、「調整前の労災保険の年金額 - 社会保険の年金額」が労災保険の年金額とされます。



休業(補償)給付との調整

同一の事由によって休業(補償)給付と障害基礎年金及び障害厚生年金が支給される場合、休業(補償)給付が次の率を乗じた額に減額され、障害基礎年金及び障害厚生年金は全額支給されます

休業(補償)給付の減額
・休業(補償)給付 0.73 - 障害厚生年金及び障害基礎年金 全額
・休業(補償)給付 0.86 - 障害厚生年金 全額
・休業(補償)給付 0.88 - 障害基礎年金 全額

ただし、
「調整後の休業(補償)給付 < 調整前の休業(補償)給付 - 社会保険の年金額 × 1/365」
となる場合は、「調整前の休業補償給付 - 社会保険の年金額 × 1/365」が休業(補償)給付の額とされます。

一時金との調整

同一の事由によって障害(補償)一時金と厚生年金保険の障害手当金の受給権が発生した場合、障害(補償)一時金が全額支給され、障害手当金は支給されません


関連記事

業務災害、通勤災害が第三者の加害行為によって生じた場合、その第三者から損賠賠償が行われます。 労災保険では、この損害賠償と保険給付を調整す...


労働災害の発生について、事業主に民事損害賠償の責任がある場合、民事損害賠償と労災保険給付の間で、次のように調整されます。 どちらの請求も認...



Comments

  1. NH より:

    労災休業補償と制度上当たり前に61才から支給されている退職共済年金、老齢厚生年金は、併給禁止規定上の問題はありませんか?

    • MIC より:

      厚生年金保険と労災保険で併給調整が行われるのは、「同一の事由」による場合です。

      同一事由ならば、厚生年金保険給付が全額支給され、労災保険給付が減額されます。

      Hさんの場合、同一の事由以前に、老齢厚生年金と休業補償給付は全く異なる目的で支給されているものなので、併給の調整に該当しません。

  2. HK より:

    労災保険の休業補償給付を頂いてます。

    障害年金が支給されると、休業補償給付が減額になると聞きました。

    先に休業補償給付を頂く形となると思いますが、減額された分を労基署に返すのですか?

    • MIC より:

      同一の事由であれば、労災保険の休業補償給付が減額支給され、国民年金・厚生年金保険の障害基礎年金・障害厚生年金が全額支給されることになります。

      行政側が調整するので、受給者が、その都度、返金する必要はありません。

      ただし、労災保険『厚生年金保険等の受給関係変更届』の提出が必要です。

  3. Momo より:

    突然の質問で失礼いたします。

    労災の療養(補償)給付や休業(補償)給付と、特別支給の老齢厚生年金は併給できますでしょうか?

    今年の夏に雇用期間満了で、雇用継続を希望も通らず退職させられます。

    その頃には63歳になる男性です。

    現在は一部支給停止の特別支給の老齢厚生年金と、高年齢雇用継続給付金をもらいながら働いています。

    新卒からずっと同じ会社に勤めています。

    • MIC より:

      特別支給の老齢厚生年金と労災保険給付の調整はありません。

      両方、受給可能です。

      退職すると雇用保険の被保険者ではなくなり、高年齢雇用継続給付金が支給されなくなるので、特別支給の老齢厚生年金の一部支給停止が解除されます。

  4. Momo より:

    ご回答いただきありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ございません。

    大変参考になりました。

    また何かありました時は、宜しくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災ニュース

大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月...

労災ニュース

大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった...

労災保険カテゴリー

サイト情報