労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険

よくわかる労災保険(労働者災害補償保険)

労災保険とは正式名を労働者災害補償保険と言い、会社員(サラリーマン・OL)が仕事中または通勤中に負傷・疾病・障害・死亡等に遭ったときに保険給付を受けられます。

仕事中の事故で負傷等した場合、労働基準法の災害補償として事業主が負担しなければならないのですが、それだともしもの時にお金がなくて払えず被災労働者が治療等を受けられないことになりかねないので、労災保険によってそのリスクを抑えているのです。

そして、事業主責任がない通勤災害については、労災保険独自の補償です。

したがって、労災保険料は全額事業主負担で、規模が小さい事業所など一部を除きほとんどが強制加入となっています。

しかし、実際には、「労災保険」という言葉を知っていても、どういった制度でどんな保険給付を受けられるか知らない方が多いのが現状です。

仕事で負ったケガでも、私生活での傷病等に対する健康保険を利用して治療を受ける方も多くいますが、これは違法であり利用してはいけません。

健康保険よりも手厚い補償を受けられるので、仕事中・通勤中に負った傷病等は必ず労災保険で受けましょう。

当サイトでは、このように身近でありながらよくわからない労災保険の仕組みと保険給付について解りやすく解説しています。

もしもの時はもちろんのこと、普段から基礎知識を得るためにご活用ください。

労災保険の重要事項

労災保険の質問・事例集

最新記事

労災に関する質問と回答

2020年10月31日-仕事中に会社の機械で怪我をした場合、利き手の親指が1c...

労災に関する質問と回答

2020年にあった労災保険に関する質問に対し、簡単に回答しています。ぜひ、参考...

労災に関する質問と回答

2020年8月3日-作業中、階段から転倒し、ズボンが破れ、腕時計のガラスに傷が...

労災に関する質問と回答

2020年7月15日-従業員の社員が疲労骨折で入院しましたが、骨折した日時や場...

労災に関する質問と回答

2020年7月3日-加害者側と慰謝料の交渉中で、会社の制度で障害補償付加金等も...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報