労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 特別加入制度

特別加入制度


労災保険とは?でも説明している通り、労災保険給付を受けられるのは適用事業所で働く労働者のみです。

つまり、中小企業の社長や役員などは事業所が労災保険に加入していてもその対象からは除かれて、もしも業務中や通勤途中にケガや病気になっても労災保険給付を受けることはできません。

しかし、その労災保険適用除外者の中には労働災害に遭う可能性の高い人もいるため、労働者に準ずる者については労災保険に加入できるようになっており、これを特別加入制度と言います。

当ページでは、労災保険の特別加入制度についてわかりやすいように説明しているので、ぜひ参考にしてください。

労災保険 特別加入制度 リスト


最新記事

労災に関する質問と回答

2020年にあった労災保険に関する質問に対し、簡単に回答しています。ぜひ、参考...

労災に関する質問と回答

2020年8月3日-作業中、階段から転倒し、ズボンが破れ、腕時計のガラスに傷が...

労災に関する質問と回答

2020年7月15日-従業員の社員が疲労骨折で入院しましたが、骨折した日時や場...

労災に関する質問と回答

2020年7月3日-加害者側と慰謝料の交渉中で、会社の制度で障害補償付加金等も...

勉強

私は、1年9ヶ月間独学で勉強し、第35回(平成15年度)の社労士試験で一発合格...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報