労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 通勤災害と認められるささいな行為とは?

通勤災害と認められるささいな行為とは?


家を出て会社に行き、今度は会社から家に帰るまで、ずっと何もせずに往復することは少ないでしょう。

通勤の途中でどこかに立ち寄れば逸脱・中断になる可能性があり、それ以降は通勤とはみなされません。

ただし、ささいな行為については逸脱・中断とはみなされず、行為中も行為後も通勤として扱われます。



ささいな行為の具体例は次の通りです。

ケース1:通勤経路近くの公衆トイレを使う
尿意や便意を催しても家や会社まで我慢しなければならないというのは無理な話で、当然に公衆トイレを利用することができます。通勤に利用している道に公衆トイレがあるとは限りませんので、近くであれば通勤とみなされます。

ケース2:通勤経路上のお店でお茶や雑誌等を買う
出勤途中・帰宅途中にちょっとした買い物をするためにコンビニなどのお店に立ち寄った場合はささいな行為とみなされます。ただし、スーパーに立ち寄って食品を購入するような本格的な買い物の場合は、ささいな行為ではなく、日常生活上必要な行為になるでしょう。

ケース3:近くの公園でちょっと休憩する
あまり機会はないかもしれませんが、疲れたり気分が悪くなって通勤経路近くの公園で少し休む場合はささいな行為とみなされるので、その時間も含めて通勤です。

ありそうなケースを事例として挙げましたが、このように「生理現象・ちょっとした必要なこと」はささいな行為として扱われる可能性があります。



ささいな行為の場合はずっと通勤なので、その間に災害に遭えば通勤災害と認定されますが、日常生活上必要な行為の場合は、道を逸れてからまた道に戻るまでは通勤ではありません。

この違いも知っておいてください。


関連記事

会社員の場合は、就業規則で「副業禁止・兼業禁止」を定めているところが多いですが、それでも徐々に副業OKの会社が増えつつあります。 そして、...


単身赴任者の場合、次の3ヶ所を往復することになります。 ・就業の場所(会社・店舗・工場など働く場所) ・赴任先住居(主に生活して...


通勤の途中にささいな行為以外のことをすると、それ以降は通勤ではないので、災害に遭っても労災保険給付を受けられません。 ただし、日常生活上必...


仕事が原因で腰痛になることもあるでしょう。 では、その時に労災であると認められて保険給付を受けられるでしょうか? 答えはYESで...


仕事中に仕事に絡んでケガや病気・障害・死亡等した場合は、労災保険給付を受けられます。 ただ、実際にはそんなに明確に仕事か否かを分けることが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災ニュース

大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月...

労災ニュース

大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった...

労災ニュース

東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日...

労災保険カテゴリー

サイト情報