労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災認定の基準 » 労災保険の通勤災害に認定される条件

労災保険の通勤災害に認定される条件


労災保険では、通勤中の負傷・疾病・障害・死亡等に対しても保険給付が行われるため、通勤について定義されています。

通勤の定義
労働者が就業に関し、住居と就業の場所との間を合理的経路及び方法により移動すること。

つまり、「仕事をするために出勤するとき」と「仕事が終わって帰宅するとき」は、業務の性質を有する場合を除き通勤とみなされるのです。

この合理的経路及び方法というのは、徒歩や自転車、電車、マイカーなど普段利用する通勤方法のことで、工事中で迂回するといった行為も通勤として認められます。

通勤途中に他の場所に立ち寄ったらどうなる?

家と会社の間を直行直帰していれば通勤と認められますが、いつも家と会社の間を往復しているわけではありませんよね。

たまには他の場所に立ち寄るでしょう。

労災保険では、就業・通勤とは関係なく道をそれることを逸脱と言います。

例えば、会社の帰りに普段の道をそれて友人の家に立ち寄ってから帰るというような場合で、この場合は道をそれてからは通勤とみなされません。

そして、通勤経路上で通勤とは関係ない行為をすることを中断と言います。

例えば、通勤経路上にある漫画喫茶や映画館、居酒屋に立ち寄ってから帰るというような場合で、この場合は中断してから通勤とみなされません。

逸脱・中断は個人的な行為なので通勤とはみなされないのですが、「公園で少し休む」「公衆トイレを使う」といったささいな行為の場合は逸脱・中断としては取り扱われないことになっています。

また、日常生活上必要な行為の場合も、逸脱・中断中については通勤とはみなされませんが、通勤経路に戻った後は通勤とみなされます。

ちなみに、以下の行為が日常生活上必要な行為と定められています。

  • 日用品の購入
  • 職業訓練や学校への通学
  • 選挙権の行使
  • 病院または診療所
  • 要介護状態にある親族の介護

普通に家と会社の往復なら問題ありませんが、寄り道すると自分の見解と労働基準監督署の判断が異なる可能性もあるので注意しましょう。


関連記事

会社員の場合は、就業規則で「副業禁止・兼業禁止」を定めているところが多いですが、それでも徐々に副業OKの会社が増えつつあります。 そ...


通勤の途中にささいな行為以外のことをすると、それ以降は通勤ではないので、災害に遭っても労災保険給付を受けられません。 ただし、日常生...


家を出て会社に行き、今度は会社から家に帰るまで、ずっと何もせずに往復することは少ないでしょう。 通勤の途中でどこかに立ち寄れば逸脱・...


単身赴任者の場合、次の3ヶ所を往復することになります。 ・就業の場所(会社・店舗・工場など働く場所)・赴任先住居(主に生活している家...


仕事中に仕事に絡んでケガや病気・障害・死亡等した場合は、労災保険給付を受けられます。 ただ、実際にはそんなに明確に仕事か否かを分ける...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報