労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険

葬祭料


葬祭料は、業務災害により死亡した労働者の葬祭を行う者に対して、その請求に基づき支給されます。

したがって、通常、葬祭を行う遺族に対して葬祭料が支給されますが、遺族がいない場合で会社や友人が葬祭を行った場合、葬祭を行った会社や友人に葬祭料が支給されます。

なお、通勤災害の場合は、葬祭給付と言います。



葬祭料の額

315,000円 + 給付基礎日額の30日分が支給されます。
ただし、給付基礎日額の60日分の最低保障があります。



葬祭料の請求に際して、葬祭に要した費用の証明書は必要ありません。

それは、上記のように、実際に要した費用が支給額に影響しないためです。


関連記事

遺族補償一時金は、労働者の死亡の当時、遺族補償年金の受給資格者がいない場合に、給付基礎日額の1,000日分が支給されます。 ただし、遺族補...


療養補償給付は、労働者が業務災害によって負傷・疾病し、療養する場合に支給される保険給付です。 なお、通勤災害の場合は、療養給付と言います。...


障害補償給付は、業務上の傷病が治癒した後、障害が残った時に支給される保険給付です。 なお、通勤災害の場合は、障害給付(障害年金・障害一時金...


障害補償年金の支給を受ける際にまとまったお金が必要な場合は、障害補償年金前払一時金として、以下の額の支給を受けることが可能です。 なお、通...


遺族補償年金の支給を受ける際に、まとまったお金が必要な場合は、遺族補償年金前払一時金として、給付基礎日額の1,000日分を上限に一時金の支給...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2018年9月14日-業務が訪問営業であった為、常に徒歩での業務が腰に大きな負...

労災ニュース

2018年8月21日、化学メーカー『新日本理化』の徳島市にある工場の元従業員が...

労災ニュース

2018年8月7日、53歳・居酒屋店長の過労死が労災認定されました。スマホの位...

労災保険カテゴリー

サイト情報