労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 健康保険・国民健康保険 » 健康保険・国民健康保険の保険者とは?

健康保険・国民健康保険の保険者とは?


保険者とは、保険事業を運営・管理するもので、保険料を徴収して保険給付を行います。
「者」となっていますが、人ではなく組織です。

当然、健康保険と国民健康保険では保険者が異なりますが、同じ医療保険制度内でも保険者が2種類あります。

健康保険国民健康保険
・全国健康保険協会
・健康保険組合
・市町村及び特別区
・国民健康保険組合

健康保険の保険者

健康保険は会社員を対象にした医療保険で、事業所単位での適用されるので、適用除外者を除き社員全員が同一の保険者のお世話になります。

大企業であれば、ひとつまたは複数の会社で組織する健康保険組合に加入し、場合によっては、健康保険組合の合併によってできた地域型健康保険組合の組合員となります。

そして、健康保険組合の組合員でない被保険者や日雇特例被保険者が全国健康保険協会の被保険者となります。

国民健康保険の保険者

国民健康保険は自営業者や個人の農業従事者等を対象としており、ほとんどの方の保険者は市区町村です。

もうひとつの国民健康保険組合とは、組合の地域内で同種の事業または業務を行う者を組合員にして組織された組合のことです。

ここで注意が必要なことは、国民健康保険の場合、保険者の違いによって保険料が異なったり、葬祭費の金額が異なることがあるということです。

そのため、あらかじめお住まいの市区町村の国民健康保険について知っておいた方が良いでしょう。

調べる時は、
「市区町村名 国民健康保険料」
「市区町村名 葬祭費」
で検索すれば、それぞれの自治体の該当ページが上位表示されます。


関連記事

同じ社会保険である厚生年金保険と一緒に行います。 提出書類によって期限が異なるので注意してください。 書類提出期限届出先被保険...


被保険者・被扶養者が、保険医療機関等である病院または診療所に入院して、療養の給付と併せて食事療養を受けた時に支給されるのが『入院時食事療養...


健康保険における被保険者とは、一般企業で働く労働者のことで、私生活での疾病・負傷・出産・死亡に対して、以下の保険給付を受けることが出来ます...


健康保険は、任意継続被保険者以外、会社や工場など事業所を単位として適用されます。 つまり、その事業所で働く人は、労働時間が極端に短い...


国民健康保険制度の加入者は自営業者や農業従事者等です。 したがって、保険料を給料から天引きすることはできず、加入者がそれぞれ納付する...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報