労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 蛇紋岩石綿で肺がんの造園業男性、労災認定される

蛇紋岩石綿で肺がんの造園業男性、労災認定される


2017年12月26日、蛇紋岩の石綿が原因で肺がんになった埼玉県の造園業の男性が、2017年4月に、熊谷労働基準監督署に労災認定されていたことが明らかになりました。

現在71歳の男性は、約12年間に及び静岡、愛知県境の採石場で蛇紋岩を仕入れる仕事に就き、間を開けた後、約13年間に及び造園の仕事に就いて埼玉県などで蛇紋岩を切断していましたが、蛇紋岩に石綿が含まれていることを知らなかったのでマスクを着用しておらず、たくさんの石綿を吸い込むことになったのです。

その結果、平成27年春に肺がんと診断されました。

そして、熊谷労働基準監督署が、手術で摘出された肺を調べ、労災認定基準の数倍にも及ぶ石綿を確認したことにより、この造園業の男性は労災認定されています。

蛇紋岩に含まれる石綿で病気になり、労災認定されるのは珍しいです。

ただし、蛇紋岩の普及率から考えると他にも被害者がいると思われるため、今後も蛇紋岩による健康被害で労災認定される人が出てくるかもしれません。



蛇紋岩と石綿について

蛇紋岩は、濃淡の違いはありますが緑色をしており、表面に蛇の皮のような模様がある石です。

蛇紋岩は、北海道から九州まで、日本各地に存在していますが、石綿を含んでいることが多いという特徴があります。

この石綿は、「アスベスト」とも言い、1970年代まで、断熱材や防火材として建物に使用されたり、機械の摩擦防止素材として使用されていましたが、肺がんなどを引き起こす発がん性物質であることが分かり、やがて使用禁止になりました。

しかし、石綿が含まれる蛇紋岩の採掘・販売は禁止されておらず、庭石や装飾品、肥料の原料などに使用されています。

蛇紋岩に石綿が含まれていることを知らない人が多いことも問題です。


関連記事

いわき労働基準監督署が、福島第一原発で仕事中に亡くなった男性に対して、2018年10月16日に、過労死の労災認定をしていたことが、2018年...


2018年12月12日、厚生労働省が、東京電力福島第一原発事故の収束作業に従事し、その後、甲状腺がんを発症した男性について、12月10日付で...


三菱電機と言えば、誰もが知る大手電機メーカーです。 多くの優れた従業員によって成り立っていることは、言うまでもありません。 しかし、20...


2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付で労災認定されたことが、2018年12月19日、遺族によって発...


2018年5月25日、野党が反対する中、働き方改革関連法案が、衆院厚生労働委員会で可決されました。 週明けにも衆議院を通過し、施行されるの...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報