労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定

福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定


2018年12月12日、厚生労働省が、東京電力福島第一原発事故の収束作業に従事し、その後、甲状腺がんを発症した男性について、12月10日付で労災認定したことを発表しました。

この男性は、原発の協力企業に勤め、1993年11月から2011年まで、複数の原発で放射線業務に従事します。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって福島第一原発事故が起き、2011年3月から原発内で電気設備の業務に携わりました。

その結果、2017年6月に甲状腺がんが見つかり、日立労働基準監督署に労災申請されたのです。

厚生労働省は、「医学的、科学的には、被曝との関係が厳密に証明されていない」としながらも、被曝と甲状腺がん発症の因果関係を認め、労災認定しました。



福島第一原発事故に伴う労災認定

福島第一原発事故後、2018年12月までに、甲状腺がん1件、白血病3件、肺がん1件の労災認定が下りており、今回が6件目となりました。

誰かがやらなければならない仕事をして癌になっているので、これらの人は、「われわれ国民の代わりとなって病気に罹った」と言って過言ではありません。

頭が下がります。

また、被曝の労災申請も16件されており、6件が認定され、5件が不認定で、残りの5件も調査中です。

最近、あまり福島第一原発のニュースは流れませんが、収束作業はあまり進んでいないようなので、今後も同じような被害者が出てくるでしょう。

できるだけ早く、福島第一原発が収束することを切に願います。


関連記事

2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督署...


2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付で労災認定されたことが、2018年12月19日、遺族によって発...


2019年12月10日に労働政策審議会の部会が開かれ、「労災保険では本業と副業・兼業の労働時間を通算する案」が大筋で了承されました。 日本...


2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士兼...


パワハラ(パワーハラスメント)とは、地位の高い者が、自分よりも立場の弱い者に対し、精神的・肉体的苦痛を与えることを言います。 ずっと前から...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災保険の基礎知識

2020年2月から、世界的に新型コロナウイルスが猛威を振るっています。日本も例...

労災ニュース

2020年から、副業・兼業も労災保険の対象となる見込みです。そのメリット・デメ...

労災ニュース

2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラ...

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災保険カテゴリー

サイト情報