労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定

福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定


2018年12月12日、厚生労働省が、東京電力福島第一原発事故の収束作業に従事し、その後、甲状腺がんを発症した男性について、12月10日付で労災認定したことを発表しました。

この男性は、原発の協力企業に勤め、1993年11月から2011年まで、複数の原発で放射線業務に従事します。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって福島第一原発事故が起き、2011年3月から原発内で電気設備の業務に携わりました。

その結果、2017年6月に甲状腺がんが見つかり、日立労働基準監督署に労災申請されたのです。

厚生労働省は、「医学的、科学的には、被曝との関係が厳密に証明されていない」としながらも、被曝と甲状腺がん発症の因果関係を認め、労災認定しました。



福島第一原発事故に伴う労災認定

福島第一原発事故後、2018年12月までに、甲状腺がん1件、白血病3件、肺がん1件の労災認定が下りており、今回が6件目となりました。

誰かがやらなければならない仕事をして癌になっているので、これらの人は、「われわれ国民の代わりとなって病気に罹った」と言って過言ではありません。

頭が下がります。

また、被曝の労災申請も16件されており、6件が認定され、5件が不認定で、残りの5件も調査中です。

最近、あまり福島第一原発のニュースは流れませんが、収束作業はあまり進んでいないようなので、今後も同じような被害者が出てくるでしょう。

できるだけ早く、福島第一原発が収束することを切に願います。


関連記事

いわき労働基準監督署が、福島第一原発で仕事中に亡くなった男性に対して、2018年10月16日に、過労死の労災認定をしていたことが、2018年...


2017年12月26日、蛇紋岩の石綿が原因で肺がんになった埼玉県の造園業の男性が、2017年4月に、熊谷労働基準監督署に労災認定されていたこ...


2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病が原因として、2019年5月29日に労災認定したことが明らかに...


2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。 以下に、男性...


2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士兼...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2020年にあった労災保険に関する質問に対し、簡単に回答しています。ぜひ、参考...

労災に関する質問と回答

2020年8月3日-作業中、階段から転倒し、ズボンが破れ、腕時計のガラスに傷が...

労災に関する質問と回答

2020年7月15日-従業員の社員が疲労骨折で入院しましたが、骨折した日時や場...

労災に関する質問と回答

2020年7月3日-加害者側と慰謝料の交渉中で、会社の制度で障害補償付加金等も...

勉強

私は、1年9ヶ月間独学で勉強し、第35回(平成15年度)の社労士試験で一発合格...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報