労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定

福島第一原発の作業員が甲状腺がんで労災認定


2018年12月12日、厚生労働省が、東京電力福島第一原発事故の収束作業に従事し、その後、甲状腺がんを発症した男性について、12月10日付で労災認定したことを発表しました。

この男性は、原発の協力企業に勤め、1993年11月から2011年まで、複数の原発で放射線業務に従事します。

そして、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって福島第一原発事故が起き、2011年3月から原発内で電気設備の業務に携わりました。

その結果、2017年6月に甲状腺がんが見つかり、日立労働基準監督署に労災申請されたのです。

厚生労働省は、「医学的、科学的には、被曝との関係が厳密に証明されていない」としながらも、被曝と甲状腺がん発症の因果関係を認め、労災認定しました。

福島第一原発事故に伴う労災認定

福島第一原発事故後、2018年12月までに、甲状腺がん1件、白血病3件、肺がん1件の労災認定が下りており、今回が6件目となりました。

誰かがやらなければならない仕事をして癌になっているので、これらの人は、「われわれ国民の代わりとなって病気に罹った」と言って過言ではありません。

頭が下がります。

また、被曝の労災申請も16件されており、6件が認定され、5件が不認定で、残りの5件も調査中です。

最近、あまり福島第一原発のニュースは流れませんが、収束作業はあまり進んでいないようなので、今後も同じような被害者が出てくるでしょう。

できるだけ早く、福島第一原発が収束することを切に願います。


関連記事

三菱電機と言えば、誰もが知る大手電機メーカーです。 多くの優れた従業員によって成り立っていることは、言うまでもありません。 し...


大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月1日に亡くなった事件について、2019年5月29日、大阪地裁...


2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病が原因として、2019年5月29日に労災認定したことが明らか...


大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった件について、男性の妻の訴えにより、大阪地裁が過労死と認定し、...


テレビ朝日でドラマ制作に携わる男性プロデューサーが2015年2月に亡くなった際、三田労働基準監督署が労災認定していたことが、2018年5月...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報