労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 大阪ホストの急性アルコール中毒が労災認定

大阪ホストの急性アルコール中毒が労災認定


大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月1日に亡くなった事件について、2019年5月29日、大阪地裁によって、死因の原因である急性アルコール中毒が労災認定されました。

急性アルコール中毒が労災認定された初めての判決です。

男性は、4月にスカウトされて入店したばかりの新人ホストで、2012年8月1日朝6時、ヘルプとして席に着きました。

すると、店内で飲酒コールが叫ばれ、ホストの男性は、アルコール度数40度のテキーラを立て続けに5杯も一気飲みします。

その後、「気分が悪い」と同僚ホストに告げると、嘔吐し、奥のボックス席で倒れたまま眠りにつきました。

そして、朝7時頃に、顔面蒼白で口から泡を吹いている状態で発見され、人工呼吸の甲斐なく、息を引き取ったのです。

責任の所在を明らかにするため、両親が、労災申請、業務上過失致死罪で大阪府警に刑事告訴、損害賠償請求をし、「責任者ら男2人の書類送検」「会社側に約7300万円の損害賠償」という結果になりました。

しかし、労災とは認められません。

大阪中央労働基準監督署の判断に納得できない両親が裁判を起こし、2019年5月29日、大阪地裁の内藤裕之裁判長によって、急性アルコール中毒が労災と認められました。



急性アルコール中毒による労災が続かないように!

今回は、「新人で、同僚ホストによる飲酒の強要を断れない立場だった」「業務と急性アルコール中毒に相当因果関係がある」ことが認められ、労災認定されました。

全国初の判決ということで、今後の判例となるでしょう。

しかし、亡くなった人は帰って来ず、家族の無念は一生消えません。

ホストという職業上、飲酒せざるを得ない立場ではありますが、断る勇気も必要ですし、それでも飲酒を強要されるなら辞めることも真剣に考えましょう。

また、会社も飲酒の強要禁止を徹底させるべきです。

同じような事件が続かないことを願います。


関連記事

2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督署...


2018年5月25日、野党が反対する中、働き方改革関連法案が、衆院厚生労働委員会で可決されました。 週明けにも衆議院を通過し、施行されるの...


2018年8月21日、化学メーカー『新日本理化』の徳島市にある工場の元従業員(70歳)が、オルト―トルイジンによる膀胱がんを発症したとして、...


1954年にアメリカが太平洋ビキニ環礁で行った水爆実験により、癌や白血病などの健康被害に遭ったとして、高知県の元船員6人、遺族4人、宮城県の...


横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、労災認定されたことが、2018年12月20日に明らかとなりまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災保険の基礎知識

2020年2月から、世界的に新型コロナウイルスが猛威を振るっています。日本も例...

労災ニュース

2020年から、副業・兼業も労災保険の対象となる見込みです。そのメリット・デメ...

労災ニュース

2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラ...

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災保険カテゴリー

サイト情報