労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 高野山の僧侶が労災認定!過労でうつ病を発症

高野山の僧侶が労災認定!過労でうつ病を発症


2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。

以下に、男性僧侶がうつ病を発症し、労災認定されるまでの経緯について説明します。

経緯

  • 2008年、高野山の寺院で働き始める
  • 5時前から宿泊者の読経の準備、日中は宿泊者の世話と通常業務、繁忙期は21時まで労働という日々
  • 2015年、4月・5月・10月は休みなし
  • 2015年12月、うつ病を発症し、休職
  • 2017年5月、代理人弁護士により橋本労働基準監督署に労災申請
  • 2017年10月、労働基準監督署が労災認定
  • 2018年4月6日、一連の経緯が明らかになる

僧侶が労災認定されるのは、非常に珍しいことです。



僧侶も条件を満たせば労働者と同じ

この労災認定を知って、「僧侶の行いは修行じゃないの?」と思った方は多いでしょう。

確かに、厳しい修行に耐え、仏陀の教えに近づくことを目標としている僧侶もいますが、職業として僧侶をしている人もたくさんいるのです。

そこで、労働基準法9条の「労働者とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう」に該当する僧侶は、労働者として扱われることになっています。

つまり、「奉仕するも、賃金を受けない者は、労働者ではない」「労働し、賃金を受ける者は、労働者である」と説明できます。

この考え方により、高野山の寺院で働く僧侶は労働者とみなされ、過酷な労働環境とうつ病の発症で、労災認定されました。

今まで、僧侶の行いは修行と考えられていましたが、そこに一石を投じた画期的な労災認定です。

これからは、宗教法人や住職がしっかり労務管理すると共に、僧侶も自分を守るために、適法な労働か否かをしっかり判断・主張する必要があるでしょう。


関連記事

2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士兼...


三菱電機と言えば、誰もが知る大手電機メーカーです。 多くの優れた従業員によって成り立っていることは、言うまでもありません。 しかし、20...


いわき労働基準監督署が、福島第一原発で仕事中に亡くなった男性に対して、2018年10月16日に、過労死の労災認定をしていたことが、2018年...


2018年10月30日、厚生労働省が『過労死等防止対策白書』を発表しました。 それによると、次のとおり、医療関係者の過労死が深刻であること...


横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、労災認定されたことが、2018年12月20日に明らかとなりまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報