労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 新日本理化の元従業員、膀胱がんで労災認定される

新日本理化の元従業員、膀胱がんで労災認定される


2018年8月21日、化学メーカー『新日本理化』の徳島市にある工場の元従業員(70歳)が、オルト―トルイジンによる膀胱がんを発症したとして、徳島労働基準監督署に労災認定されたことが明らかになりました。

男性は、1992年から2002年までの10年間、オルト―トルイジンの製造作業に携わり、2016年2月頃、膀胱がんであることが判明。

2016年4月に摘出手術を受け、労災申請していました。

『新日本理化』では、58人が同じ作業に当たっていたとのことなので、その他の人が膀胱がんを発症すれば、同じく労災認定される可能性が高いでしょう。

このオルト―トルイジンとは、染料や顔料、接着剤などに使用される化学物質で、膀胱がんを引き起こすことが分かっており、皮膚から吸収される経皮ばく露や空気中からの吸収が原因のこともあります。

有名な事例としては、2016年、『三星化学工業』の福井工場で働いていた7人の男性が、オルト-トルイジンによる膀胱がんを発症したとして、労災認定を受けたことがありました。

そして、オルト-トルイジンによる労災認定の基準が、次のように定められるに至っています。

  • トルイジンを扱う業務に10年以上従事し、10年以上の潜伏期間がある場合
  • 従事期間または潜伏期間が10年に満たない場合でも、その他の条件を勘案して判断する

『新日本理化』の元従業員は、従事期間も潜伏期間も10年以上で、膀胱がんの発症もあったので、問題なく労災認定されたわけです。



新日本理化株式会社・徳島工場

膀胱がんで労災認定された元従業員が働いていた、『新日本理化株式会社・徳島工場』の情報は、次のとおりです。

会社名・工場名 新日本理化株式会社・徳島工場
住所 徳島県徳島市川内町榎瀬1番地
電話 088-665-0321

『新日本理化』は、従業員300人以上で、複数の工場を有する大企業です。

化学物質などを加工して、パーソナルケア製品から工業製品まで製造し、幅広い分野で活躍しています。


関連記事

2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。 以下に、男性...


2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病が原因として、2019年5月29日に労災認定したことが明らかに...


大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月1日に亡くなった事件について、2019年5月29日、大阪地裁に...


2018年10月30日、厚生労働省が『過労死等防止対策白書』を発表しました。 それによると、次のとおり、医療関係者の過労死が深刻であること...


横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、労災認定されたことが、2018年12月20日に明らかとなりまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災ニュース

大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月...

労災保険カテゴリー

サイト情報