労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 居酒屋店長の過労死がスマホ位置情報により労災認定される

居酒屋店長の過労死がスマホ位置情報により労災認定される


2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督署が過労死と認めました。

スマホの位置情報記録が、長時間勤務の証拠として認められた初めてのケースです。

事の顛末は、次のとおり。

居酒屋店長は、2017年6月、一人で開店準備中に客席で倒れ、致死性不整脈で亡くなりました。

店長という立場であり、しかも一人で働いている時に倒れて亡くなったため、長時間勤務の事実を証明することが難しかったと思われます。

そこで、2017年12月、遺族が、男性のスマホに残っていた位置情報記録を付けて労災申請したところ、労基署に、「居酒屋店長は長時間労働と精神的負荷が原因で過労死した」と労災認定されたのです。

スマホの中には、シフト表やラインのやり取りも残っており、15時から翌朝3時まで勤務して、6時の始発で帰宅するという日々を繰り返していたことが分かったそうです。

もし、スマホの位置情報記録などが残っていなくても労災認定されていたかもしれませんが、位置情報記録が重視されたことは疑いようがありません。

そして、遺族は、手厚い労災保険給付を受けることができることになりました。

同じように長時間勤務している居酒屋店長は多いと思うので、過労死しないように注意しなければいけないのは当然として、一応、スマホの位置情報をオンにし、勤務状況が分かるように管理しておいた方が良さそうです。



わらわら九大学研都市駅店

労災認定された店長が働いていた居酒屋の情報は、次のとおりです。

店舗名 わらわら九大学研都市駅店
住所 福岡県福岡市西区西都1-1-35 JR九大学研都市駅高架下店舗1F
運営会社 モンテローザ
電話 092-807-9688
営業時間 17:00~翌3:00
定休日 年中無休

関連記事

大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった件について、男性の妻の訴えにより、大阪地裁が過労死と認定し、2...


2017年12月26日、蛇紋岩の石綿が原因で肺がんになった埼玉県の造園業の男性が、2017年4月に、熊谷労働基準監督署に労災認定されていたこ...


三菱電機と言えば、誰もが知る大手電機メーカーです。 多くの優れた従業員によって成り立っていることは、言うまでもありません。 しかし、20...


東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日付で中央労働基準監督署に労災認定されていたことが明らかになりま...


横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、労災認定されたことが、2018年12月20日に明らかとなりまし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災ニュース

大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月...

労災ニュース

大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった...

労災ニュース

東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日...

労災保険カテゴリー

サイト情報