労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 居酒屋店長の過労死がスマホ位置情報により労災認定される

居酒屋店長の過労死がスマホ位置情報により労災認定される


2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督署が過労死と認めました。

スマホの位置情報記録が、長時間勤務の証拠として認められた初めてのケースです。

事の顛末は、次のとおり。

居酒屋店長は、2017年6月、一人で開店準備中に客席で倒れ、致死性不整脈で亡くなりました。

店長という立場であり、しかも一人で働いている時に倒れて亡くなったため、長時間勤務の事実を証明することが難しかったと思われます。

そこで、2017年12月、遺族が、男性のスマホに残っていた位置情報記録を付けて労災申請したところ、労基署に、「居酒屋店長は長時間労働と精神的負荷が原因で過労死した」と労災認定されたのです。

スマホの中には、シフト表やラインのやり取りも残っており、15時から翌朝3時まで勤務して、6時の始発で帰宅するという日々を繰り返していたことが分かったそうです。

もし、スマホの位置情報記録などが残っていなくても労災認定されていたかもしれませんが、位置情報記録が重視されたことは疑いようがありません。

そして、遺族は、手厚い労災保険給付を受けることができることになりました。

同じように長時間勤務している居酒屋店長は多いと思うので、過労死しないように注意しなければいけないのは当然として、一応、スマホの位置情報をオンにし、勤務状況が分かるように管理しておいた方が良さそうです。

わらわら九大学研都市駅店

労災認定された店長が働いていた居酒屋の情報は、次のとおりです。

店舗名わらわら九大学研都市駅店
住所福岡県福岡市西区西都1-1-35 JR九大学研都市駅高架下店舗1F
運営会社モンテローザ
電話092-807-9688
営業時間17:00~翌3:00
定休日年中無休

関連記事

2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。 以下に...


大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月1日に亡くなった事件について、2019年5月29日、大阪地裁...


2018年5月25日、野党が反対する中、働き方改革関連法案が、衆院厚生労働委員会で可決されました。 週明けにも衆議院を通過し、施行さ...


2016年に自ら命を絶ったエーザイの元部長・泰敬さんが、2019年2月28日付で労災認定されたことが明らかになりました。 泰敬さんの...


パワハラ(パワーハラスメント)とは、地位の高い者が、自分よりも立場の弱い者に対し、精神的・肉体的苦痛を与えることを言います。 ずっと...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報