労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 舞台俳優・加藤大善氏、石綿による中皮腫で労災認定

舞台俳優・加藤大善氏、石綿による中皮腫で労災認定


2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付で労災認定されたことが、2018年12月19日、遺族によって発表されました。

加藤大善さんは、1974年から1980年まで、『劇団東京芸術座』に所属。

俳優として舞台に立つ傍ら、裏方として天井に照明機材を設置する仕事も手伝っていました。

その際、天井に石綿(アスベスト)が吹き付けられた体育館や市民会館もあり、石綿を吸い込んでしまったのです。

当時は、石綿の危険性が認識されていない時代だったので、石綿を吸わない対策を取らなかったことは仕方ありません。

その結果、加藤大善さんは、劇団退団後の2014年12月に胸膜中皮腫(胸腔の内側を覆う膜にできるガン)を発症し、2016年4月に亡くなりました。

その後、加藤大善さんの遺族が労災申請し、2018年7月10日付で池袋労働基準監督署に労災認定されています。



舞台俳優初の石綿被害による労災認定

加藤大善さんの労災認定は、妻・みはるさんや長女らの記者会見によって明らかになりました。

みはるさんは、「どこで石綿を吸ったのか分からずに発症した人たちもいるはず。そうした人たちが思い立つ契機になれば」との思いで、記者会見を開いています。

実際、加藤大善さんは、「石綿を吸った場所は不明」「劇団との雇用契約は結んでおらず、労災保険の対象外」でしたが、労災認定されました。

加藤大善さんが、石綿被害による労災認定を受けた初めての舞台俳優です。

したがって、「古い体育館などで作業した経験」と「肺がんや中皮腫などの発症」がある人は、諦めずに労災申請することを検討しましょう。


関連記事

2018年8月21日、化学メーカー『新日本理化』の徳島市にある工場の元従業員(70歳)が、オルト―トルイジンによる膀胱がんを発症したとして、...


2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。 以下に、男性...


2017年12月26日、蛇紋岩の石綿が原因で肺がんになった埼玉県の造園業の男性が、2017年4月に、熊谷労働基準監督署に労災認定されていたこ...


テレビ朝日でドラマ制作に携わる男性プロデューサーが2015年2月に亡くなった際、三田労働基準監督署が労災認定していたことが、2018年5月1...


2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督署...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報