労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » 中皮腫で亡くなったバス整備士が石綿被害の労災認定を受ける

中皮腫で亡くなったバス整備士が石綿被害の労災認定を受ける


2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士兼運転手・清川勇さんが、石綿被害による労災認定を受けたことを発表しました。

清川勇さんが労災認定されるまでの経緯は、次のとおりです。

  1. 1959年12月から1993年9月まで、主に運転手として道南バスに勤務
  2. 1964年4月から1年間、整備工場で補助業務に従事し、石綿(アスベスト)を含むブレーキパッドの張り替え作業や後片付け作業を行う
  3. 退職後の2006年3月、腹痛や嘔吐で緊急搬送され、腹膜中皮腫と診断される
  4. 2007年1月、清川勇さん死去
  5. 2018年3月、長男・正久さんら遺族が労災申請する
  6. 2018年6月、浦河労働基準監督署が労災認定
  7. 2018年8月7日、記者会見

長男・正久さんは、ずっと「なぜこんな病気になったのか?」と疑問に思うも、バス会社勤務が原因で中皮腫になったとは思っていなかったため、労災申請が遅れました。

実際、1年間、石綿を扱う仕事に就いていただけで、中皮腫になったと思う人や遺族は少ないでしょう。

バス運転手の石綿被害による労災認定は、2017年5月に労災認定された佐賀県の男性に続き、清川勇さんが2例目となりました。

このケースで労災認定された人は2人と少ないですが、労働基準監督署に認められていないというよりは、被災者や遺族が労災とは思っておらず、申請していない可能性が高そうです。

バスの整備士・運転手で、石綿を扱う仕事に従事し、中皮腫になった人や遺族は、『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』に相談すると良いでしょう。

中皮腫とは?

中皮腫とは、簡単に言うとガン(癌)です。

肺は「胸膜」、心臓は「心膜」、胃や肝臓などは「腹膜」というように、人間の臓器は薄い膜に覆われていますが、その膜の表面は「中皮細胞(ちゅうひさいぼう)」で構成されています。

その中皮細胞から発生したガンが「中皮腫」です。

出来た場所により、「胸膜中皮腫、心膜中皮腫、腹膜中皮腫」と呼び方が変わり、症状も違います。

中皮腫の原因のほとんどが石綿(アスベスト)であり、早期発見が難しい病気です。


関連記事

パワハラ(パワーハラスメント)とは、地位の高い者が、自分よりも立場の弱い者に対し、精神的・肉体的苦痛を与えることを言います。 ずっと...


2018年8月7日、大手居酒屋チェーン『わらわら九大学研都市駅店』の元店長で、勤務中に亡くなった53歳の男性について、福岡中央労働基準監督...


いわき労働基準監督署が、福島第一原発で仕事中に亡くなった男性に対して、2018年10月16日に、過労死の労災認定をしていたことが、2018...


2017年12月26日、蛇紋岩の石綿が原因で肺がんになった埼玉県の造園業の男性が、2017年4月に、熊谷労働基準監督署に労災認定されていた...


東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日付で中央労働基準監督署に労災認定されていたことが明らかになり...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報