労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 治癒後の再手術でボルトを抜く時に再び労災保険を受けられるか?

治癒後の再手術でボルトを抜く時に再び労災保険を受けられるか?


息子が業務中に大怪我(脊椎損傷、骨盤損傷)をし、昨年の12月から労災認定にて労災より支給を受けています。

この11月頃にボルトを抜く手術を予定しているのですが、そんな中、労働基準監督署より労災の支給を止める連絡がありました。

軽作業であるならば可能な場合は支給が出来ないとの事です。

確かに現在は病院に出向き、週に一度はリハピリをしていますが、軽いデスクワークならば可能な状態まで回復しています。

ただ、11月に再手術が待っております。

もし、支給が止められた場合、再手術費用やその後の入院費や仕事復帰までの支給は再度頂けるのでしょうか?

手術費用や入院費は高額で、支払われないと非常に困ります。

一旦、停止したものが再手術時に復活するのかを教えて頂けませんでしょうか。

質問日:2016年9月13日



息子さんのことで、しかも医療費を考えると心配ですよね。

まず、療養補償給付は、業務上の傷病により治療や手術を受けた時に支給される保険給付ですが、「治癒」した場合に支給停止すると定めてあり、労災保険の「治癒」は症状が固定しこれ以上回復の見込みがない場合も含まれるために、Yさんの息子さんの支給もストップされることが決まりました。

そして、療養が必要なく働けるということで、休業補償給付も支給されなくなります。

ここまでは今現在の状況です。

療養補償給付や休業補償給付は、治癒するとこのように支給停止されるのですが、再発すると再び支給されることになっており、骨折で金属プレートやボルトを埋め込んだ後に再手術で取り除く場合も再発として扱われることになっています。

したがって、ボルトを抜く再手術を受けた際に、もう一度、『療養補償給付たる療養の給付請求書』と『休業補償給付支給請求書』を労働基準監督署に提出してください。

会社が手続きしてくれれば会社にお願いし、やってくれないなら自分で手続きしなければなりません。


労災保険に関する質問がある方は、労働基準監督署にお問い合わせください。
当サイトに対しての質問には限界があります。詳しくは、利用規約をお読みください。

関連記事

通勤途上で事故をして骨折し、労災認定が降りて4ヶ月間働けずにいて、骨がまだくっついてない状態のまま仕事復帰。 病院に通いつつなんですが、仕...


作業中歩行困難になりMRIを撮った処、椎間板ヘルニア脊椎狭窄症と診断され、即入院を告げられ安静期間22日からリハビリ病院へ転院し、50日リハ...


障害補償の手続きをしたのですが、支給される、されないの有無の返答が監督署から来ていません。 判定期間はどの位なのでしょうか。 質問日:2...


複数の病院で治療を受ける場合の手続きはどのようにすればよいのでしょうか? 例1:A病院へ毎日リハビリに通院し、B病院へは月1...


お世話になります。 去年のX月に父が亡くなり、去年のX月XX日に遺族補償年金の決定を受け、母が遺族年金を受給しています。 ところが、去年...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報