労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災に関する質問と回答 » 労災保険の更新手続きについて

労災保険の更新手続きについて


精神科医をしている者です。

40年近い統合失調症歴のある患者の家族から、労働災害補償保険の書類作成を依頼されました。

上記疾患と労働災害との因果関係は通常は認めようがないと考えますが、過去に二人の医師によって、この書類が記載されています。

今回はその更新手続きです。

お手数ですが、今後この件に関してどう対応すべきか御教示頂ければ幸甚です。

書類の裏に、「1.この診断書用紙は、障害のために遺族(補償)年金の受給権者若しくは受給資格者となっている者について、労災保険法施行規則第21条によって提出する定期報告書に添付する診断書に使用するものです。」という記載があります。

どうやら、患者本人の兄が死後に労災認定を受け、現在患者が受給者になっているようです。

このままこの書類に必要事項を記載して提出しても宜しいのでしょうか?

質問日:2008年5月22日



質問内容は、「障害を有している患者さんが兄の遺族(補償)年金の受給権者であり、その定期報告書に添付する診断書の作成を頼まれたということでよろしいでしょうか?」

遺族(補償)年金は、年齢要件・一定の障害の状態にあることによって受給順位が異なります。

そして、年金たる保険給付の受給権者は、毎年、厚生労働大臣が指定する日までに定期報告書を提出しなければなりません。

今回は、その定期報告書に添付する診断書の作成を頼まれただけなので、普通に必要事項を記入して構わないでしょう。

あくまでも、真実を記入する場合に限ります。

「過去に二人の医師によって、この書類が記載されています。」
とあります。問題があれば、間違いなく通りません。受給できているということは、労働基準監督署に受給資格を認められたということです。

もしも心配であれば、近くの労働基準監督署に相談してください。

以上、参考になれば幸いです。


労災保険に関する質問がある方は、労働基準監督署にお問い合わせください。
当サイトに対しての質問には限界があります。詳しくは、利用規約をお読みください。

関連記事

障害補償年金(人工股関節設置 4級)を受給している60歳男性です。 現在、就労中に重い物を運搬することがありますが、疾病が悪化した場合、労災...


作業中に腰が動けなくなり、病院に行ったらヘルニアと診断されました。 この場合、労災保険が適用されるのでしょうか。 質問日:2009年3月...


作業中歩行困難になりMRIを撮った処、椎間板ヘルニア脊椎狭窄症と診断され、即入院を告げられ安静期間22日からリハビリ病院へ転院し、50日リハ...


会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、労災は認定されないでしょうか? 車通勤をしており、朝のラッシュで混雑がひどい場合、抜...


お世話になります。 現在一人で金属加工業ソフト開発の法人を立上げ、いわゆる一人親方の範疇になります。 デスクワークのみならず、ユーザーの...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災ニュース

2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラ...

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災保険カテゴリー

サイト情報