労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 社会復帰促進事業

社会復帰促進事業


社会復帰促進事業は、被災労働者の社会復帰を助けるために、保険給付と併せて行われる事業です。



具体的には、以下の内容から成り立っています。

(1)労災病院の設置・運営
(2)リハビリテーション施設の設置・運営
全国に34施設あり、労災病院には高度な医療機器の設置と多くの医師・看護師が勤務し、リハビリテーション施設にはさまざまな器具があります。

(3)外科後処置
労災保険給付は傷病が治ったら支給されませんが、義手を装着するための手術や顔にできた酷い傷を消すための手術などが必要なこともあります。その場合、外科後処置として、治癒後でも手術費・治療費が支給されます。

(4)温泉保養
傷病の治癒後、原則として第8級以上の障害(補償)給付を受ける場合に認められます。ただし、療養補償給付の『温泉療養』とは違い、『温泉保養』には休業(補償)給付は支給されません。

(5)義肢等の支給
義手や義足、その他の補装具が支給されます。

(6)アフターケア
脊髄損傷等の後遺症に対して、その予防のために行われます。

(7)その他
社会復帰資金等の貸付けなど。


関連記事

被災労働者等援護事業は、被災労働者の療養生活の援護、介護の援護、その遺族の就学の援護、被災労働者及びその遺族が必要とする資金の貸付けによる援...


遺族補償年金の受給権者に対して、遺族特別年金として、遺族の数に応じた次の額が年金として支給されます。 通勤災害である遺族年金の受給権者に対...


遺族補償年金・遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別支給金として、300万円の一時金が支給されます。 通勤災害である遺族年金・遺族一時...


遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別一時金として、労働者の死亡の当時に遺族補償年金の受給権者がいない場合、算定基礎日額の1,000日分...


休業補償給付の受給権者に対して、休業特別支給金として、1日につき休業給付基礎日額の100分の20が支給されます。 つまり、休業補償給付の受...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報