労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災保険の基礎知識 » 労働基準監督署への相談と労災保険給付の手続き

労働基準監督署への相談と労災保険給付の手続き


「労働基準監督署」と「公共職業安定所(ハローワーク)」という公的機関を知っていますか?

前者は知らないけど、後者は知っているという人が多いでしょう。

簡単に説明すると、労働基準監督署は労災保険の事務を行う機関で、仕事中や通勤中に負った傷病等の保険給付の手続きをし、また、職場の違法行為について相談できます。

一方、ハローワークは雇用保険の事務を行う機関で、基本手当や再就職手当などを支給しているほか、仕事の紹介もしています。

もちろん、その他の業務も行っているのですが、主な仕事内容は上記のとおりです。

「なぜ、労働基準監督署を知らない人が多いのか?」ですが、
(1)会社員が自ら労災保険給付をする
(2)会社が労働基準法に違反している場合に相談する
このどちらかでないと利用しないからです。

(1)については、労災保険を利用しなければならないのに、健康保険を使ってしまっている場合もあります。必ず、仕事中・通勤中の傷病等については労災保険をご利用ください。

実際、労働基準監督署は数が少ないので家の近所にない人がほとんどですが、労災保険給付の請求書を提出するときは直接持って行った方が良いでしょう。

不備や間違いがあると直接呼び出されて修正させられることがあります。

(2)については、相談はできますが、民事不介入の原則がとられているので、積極的に対処してくれないということも理解しておいてください。

それでも、労働法のプロである労働基準監督官がアドバイスしてくれるので相談する価値はあります。

ちなみに、労働基準監督署に申告したことを理由に使用者が労働者に対して不利益な取り扱いをすることは労働基準法で禁止されており、6ヶ月以内の懲役または30万円以下の罰金という重い罰則が科せられるのでご安心ください。


関連記事

基本的に、労働者を使用する事業は労災保険に加入しなければならず、暫定任意適用事業所についても労働者の過半数が希望したら加入しなけれなりませ...


ほとんどの会社は労働保険と社会保険の適用事業所となっているため、そこで働く限り本人の意思に関係なく強制加入となり保険料が給料から天引きされ...


労災保険とは、「労働者災害補償保険法」の略で、業務上の事由又は通勤によって労働者が負傷、疾病、障害、死亡等した場合に迅速かつ公正な保護をす...


労災保険の適用事業に使用される労働者は、労災保険の適用を受けることになり、これを適用労働者と言います。 実際には、事業所単位で加入し...


業務災害とは、業務上の事由によって労働者が負傷、疾病、障害または死亡することを言います。 しかし、業務であるか否かの判断が難しいため...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報