労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災ニュース » パワハラ労災認定の明確化と『女性活躍・ハラスメント規制法』

パワハラ労災認定の明確化と『女性活躍・ハラスメント規制法』


パワハラ(パワーハラスメント)とは、地位の高い者が、自分よりも立場の弱い者に対し、精神的・肉体的苦痛を与えることを言います。

ずっと前からパワハラは存在していましたが、労働環境の改善に伴って、多くの職場に存在する大きな問題として注目されるようになりました。

しかし、パワハラは社会から一向になくなりません。

そればかりか、パワハラによって精神的に病む者、さらには、自ら命を絶つ者が増えてしまったのです。

そこで、2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラに関する出来事」を加えることを明らかにしました。

今後、有識者検討会を経て、パワハラ労災認定の明確化がなされる予定です。

実は、現在でも、パワハラによる精神疾患での労災認定はされていますが、項目を明確化することにより、被害労働者が労災申請しやすいようにする目的があります。

そして、それぞれの会社にパワハラ防止対策を促す目的もあります。

『女性活躍・ハラスメント規制法』の施行

パワハラ労災認定の明確化に先立ち、2019年5月に『女性活躍・ハラスメント規制法』が成立しました。

2020年6月から施行される予定です。

この『女性活躍・ハラスメント規制法』では、次の3つの要件すべてを満たすと、職場におけるパワハラと定めています。

職場におけるパワハラの定義

  1. 優越的な関係に基づいていること
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動があったこと
  3. 就業環境を害すること(身体的若しくは精神的な苦痛を与えること)

もちろん、適切な指示や指導、注意は、パワハラには該当しません。

職場で上に立つ者は、今後一層、パワハラに該当する言動に注意しましょう。


関連記事

東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日付で中央労働基準監督署に労災認定されていたことが明らかになり...


2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病により、労災認定されたことが明らかになりました。 以下に...


テレビ朝日でドラマ制作に携わる男性プロデューサーが2015年2月に亡くなった際、三田労働基準監督署が労災認定していたことが、2018年5月...


2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病が原因として、2019年5月29日に労災認定したことが明らか...


2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報