労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 福島第一原発で過労死!残業122時間働かした会社は?

福島第一原発で過労死!残業122時間働かした会社は?


いわき労働基準監督署が、福島第一原発で仕事中に亡くなった男性に対して、2018年10月16日に、過労死の労災認定をしていたことが、2018年11月5日に明らかになっています。

当時57歳だった猪狩忠昭さんは、自動車整備士として、福島第一原発敷地内に放置された車両の点検・整備を担当していました。

しかし、亡くなる1ヶ月前に、妻に動悸を訴え、数日前に、友人に「しんどい」と話すようになると、2016年10月26日午後1時頃、福島第一原発敷地内で倒れ、午後2時36分に搬送先の病院で死亡確認されたのです。

死因は、短時間で命を落とす可能性がある『致死性不整脈』でした。

タイムカードを調べたところ、亡くなる前1ヶ月間の残業は122時間で、亡くなる前6ヶ月間の月平均残業時間は110時間を超えていることが判明。

会社で定められている所定労働時間は、8時から17時までですが、猪狩忠昭さんは、4時半に出社していたそうです。

働いている場所が場所なだけに、働き手が少なく、また、猪狩忠昭さんの責任感も強かったのでしょう。

2018年3月、遺族がいわき労働基準監督署に労災申請し、「発症前2ヶ月間ないし6ヶ月間に、1ヶ月当たりおおむね80時間」「発症前1か月間におおむね100時間」と定められている『過労死ライン』を超えていることで、2018年10月16日に過労死の労災認定を受けました。

今までにも、福島第一原発では、「2011年5月に心筋梗塞で亡くなった作業員」や「肺がんで亡くなった50代男性」が労災認定されていますが、長時間労働に伴う過労死での労災認定は今回が初です。

そして、「他の犠牲者を生みたくない」という正義感を持った妻の記者会見により、猪狩忠昭さんの氏名等が明らかになっています。



いわきオール株式会社

猪狩忠昭さんは、市内の自動車レンタル会社『いわきオール株式会社』で勤務していました。

会社名 いわきオール株式会社
住所 福島県いわき市小名浜住吉字飯塚58-1
電話 0246-58-5800
営業時間 8:00~17:00
定休日 日・祝祭日・指定日
事業内容 中古車・建機等の買取、輸出、販売、レンタル業

猪狩忠昭さんの妻が記者会見で訴えた「元請け任せにせず、作業員の勤務実態を適切に把握してほしい」という言葉を、今後は守ってもらいたいです。


関連記事

2018年10月30日、厚生労働省が『過労死等防止対策白書』を発表しました。 それによると、次のとおり、医療関係者の過労死が深刻であること...


2018年5月25日、野党が反対する中、働き方改革関連法案が、衆院厚生労働委員会で可決されました。 週明けにも衆議院を通過し、施行されるの...


三菱電機と言えば、誰もが知る大手電機メーカーです。 多くの優れた従業員によって成り立っていることは、言うまでもありません。 しかし、20...


2018年8月7日、支援団体『中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会』が道庁で記者会見を開き、2007年1月に中皮腫で亡くなったバス整備士兼...


2018年8月21日、化学メーカー『新日本理化』の徳島市にある工場の元従業員(70歳)が、オルト―トルイジンによる膀胱がんを発症したとして、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2018年11月14日-障害補償年金(人工股関節設置 4級)を受給している60...

労災ニュース

2017年10月26日に、東京電力福島第一原発で亡くなった福島県いわき市の自動...

労災ニュース

2018年10月30日に厚生労働省が発表した『過労死等防止対策白書』により、医...

労災保険カテゴリー

サイト情報