労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災保険に関する質問と回答 » 椎間板ヘルニアの労災認定について

椎間板ヘルニアの労災認定について


作業中歩行困難になりMRIを撮った処、椎間板ヘルニア脊椎狭窄症と診断され、即入院を告げられ安静期間22日からリハビリ病院へ転院し、50日リハビリに専念し退院させられました。未だ外来で通院中です。

69歳で契約1年準社員としてハードなデイーラーでの洗車作業をこなして来た結果、このような患いがあることを会社の皆さんも認められています。

このような事で労災の適用を受けられるのでしょうか?

念のため私は69歳~70歳間での就業期間中0ヶ月めに発症しました。
宜しくお願い致します。

質問日:2010年7月6日

その傷病が労災認定されるためには、労働契約に基づいて事業主の支配下にある「業務遂行性」と業務によって傷病を負ったという「業務起因性」が必要です。

そして、その条件を満たしているか否か判断するのが労働基準監督署です。

したがいまして、他の人にはその傷病が労災として認められるのかどうかは分からず、回答できません。

お気持ちは分かりますが、誰かに労災保険給付を受けられるか聞いても無意味です。

請求書を提出して認められれば問題ないですし、認められなくても行政の判断として受け入れられると思います。

ですから、早く手続きしてください。

労災保険に関する質問がある方は、労働基準監督署にお問い合わせください。
当サイトに対しての質問には限界があります。詳しくは、利用規約をお読みください。

関連記事

通退勤含む業務中のケガ等が発生した場合に、必ずしも労災保険を使用しなければならないのでしょうか? 「使用しない = 労災隠し」にはな...


質問がありまして、ご回答を宜しくお願い致します。 (1)内のパート一人が今妊娠中とのことで、現状は労災保険加入で何の保障とか貰えない...


障害補償年金(人工股関節設置 4級)を受給している60歳男性です。 現在、就労中に重い物を運搬することがありますが、疾病が悪化した場...


5年前に仕事中に骨盤骨折をしてしまい 骨盤骨折、尿道損傷、大腸損傷の怪我をしてしまい、一応、全ての手術を終えています。 大腸は下痢を...


傷病年金や障害補償年金についてですが、「雇入れから1年経ってないときは、その後のボーナスも入る」と書いてあるのですが、本当でしょうか? ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報