労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災保険給付のルール » 死亡の推定

死亡の推定


船舶若しくは航空機に事故が起こった際に、現にそれらに乗っていた労働者または船舶若しくは航空機の航行中行方不明になった労働者の生死が3ヶ月間わからない場合または、これら労働者の生死が3ヶ月以内に明らかとなり、かつ、死亡の時期がわからない場合には、遺族(補償)給付、障害(補償)年金差額一時金、葬祭料(葬祭給付)の支給に関する規定の適用については船舶または航空機の事故が起こった日または労働者が行方不明となった日に、死亡したものと推定します。

この死亡の推定が適用されるのは、船舶と航空機での事故に限られ、また、未支給の保険給付に対しては適用されません。



船や飛行機での事故の場合、生死を確認することが困難になる可能性もあり、「死亡の推定」を設けないとずっと労災保険給付を受けられなくなる可能性があるため、このように定められているわけです。

そして、後日、労働者の生存が確認された場合、受給済みの保険給付を返還しなければいけません。



家族としては船や飛行機の事故で労働者が亡くなったとは信じたくなく、生存を信じ続けたい気持ちはわかります。

死亡の推定を利用して保険給付を受けることは労働者が亡くなったことを認める事になるので利用したくないでしょうが、それでもある程度気持ちの整理ができたらこの制度を利用して保険給付を受けることを検討してください。

そうでなければ、いつまで経っても保険給付を受けられないことになります。


関連記事

保険給付を受ける権利を有する者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき保険給付で、まだ支給されていないものがあるときは、一定の遺族...


年金たる保険給付の支給は、月単位で行われ、支給すべき事由が生じた月の翌月から始まり、支給を受ける権利が消滅した月で終わります。 実際には、...


労災保険の保険給付を受ける権利は、以下の2つから成り立っています。 基本権 基本権とは、年金たる保険給付を受ける権利そのもののこ...


年金たる保険給付の受給権者が亡くなったため、その受給権が消滅したにもかかわらず、死亡日の属する月の翌月以後の分としてその年金たる保険給付が誤...


保険給付を受ける権利(基本権)の時効期間及び起算日は以下の通りです。 なお、支給決定が行われた保険給付を受ける権利(支分権)については、会...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災ニュース

2020年から、副業・兼業も労災保険の対象となる見込みです。そのメリット・デメ...

労災ニュース

2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラ...

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災保険カテゴリー

サイト情報