労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 保険給付の支給制限

保険給付の支給制限


以下の1~3に該当する場合、保険給付の支給が制限されることがあります。

  1. 労働者が故意に負傷、疾病、障害若しくは死亡またはその直接の原因となった事故を発生させた場合、保険給付は全く行われません。
  2. 労働者が故意の犯罪行為または重大な過失により、負傷、疾病、障害、死亡若しくはこれらの原因となった事故を発生させた場合、休業(補償)給付、傷病(補償)年金、障害(補償)給付を支給する度に、所定給付額の30%が減額されます。ただし、年金については、療養開始後3年以内に支払われる分に限られます。
  3. 労働者が正当な理由がなく、療養に関する指示に従わないことにより、負傷、疾病、障害の程度を増進させ、若しくはその回復を妨げた場合、休業補償給付の10日分または傷病補償年金の365分の10相当額が減額されます。


業務や通勤途中に正当な傷病等を負い、その療養にも真摯に取り組んでいれば、支給制限に掛かることはありません。

ですから、上記のような不正なことをしないようにしましょう。


関連記事

年金たる保険給付の支給停止事由が生じたにもかかわらず、引き続きその支払いが行われた場合、支払われた年金たる保険給付は、その後に支払われるべき...


労災保険の保険給付を受ける権利は、労働者の退職によって変更されません。 例えば、障害補償年金の受給権者が退職しても、受給条件に該当する限り...


船舶若しくは航空機に事故が起こった際に、現にそれらに乗っていた労働者または船舶若しくは航空機の航行中行方不明になった労働者の生死が3ヶ月間わ...


年金たる保険給付の支給は、月単位で行われ、支給すべき事由が生じた月の翌月から始まり、支給を受ける権利が消滅した月で終わります。 実際には、...


年金たる保険給付の受給権者が亡くなったため、その受給権が消滅したにもかかわらず、死亡日の属する月の翌月以後の分としてその年金たる保険給付が誤...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2018年11月14日-障害補償年金(人工股関節設置 4級)を受給している60...

労災ニュース

2017年10月26日に、東京電力福島第一原発で亡くなった福島県いわき市の自動...

労災ニュース

2018年10月30日に厚生労働省が発表した『過労死等防止対策白書』により、医...

労災保険カテゴリー

サイト情報