労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災保険給付のルール » 労災保険給付に対する不服申立て

労災保険給付に対する不服申立て


保険給付に関する決定に不服のある者は、労働者災害補償審査官に対して審査請求をし、その決定に不服のある者は、労働保険審査会に対して再審査請求をすることができます。

労働者災害補償審査官(審査請求) => 労働保険審査会(再審査請求)

ただし、労働者災害補償審査官に審査請求をした日から3ヶ月を経過しても決定がない場合は、その決定を経ないで労働保険審査会に再審査請求できます。

実際、保険給付に関する処分取消しの訴えは、再審査請求に対する労働保険審査会の裁決を経た後でなければ、提起することができません。

そして、再審査請求をした日から3ヶ月経っても採決がないときや、裁決を経ることにより生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるときその他正当な理由があるときは、裁決を経ずに処分取消しの訴えをすることができます。

請求期間及び請求方法は次のとおりです。

労働者災害補償審査官
(審査請求)
処分のあったことを知った日の翌日から起算して60日以内に口頭または文書で請求
労働保険審査会
(再審査請求)
決定書の謄本が送付された日の翌日から起算して60日以内に文書で請求

上記の手段による不服申立ては、あくまでも保険給付に限られます。

労災保険給付は被災労働者の治療費やその遺族の生活費等として迅速に支給される必要があり、専門的な知識も必要なため、特別に早く決定されるようになっているのです。

その他の不服申立て

保険給付以外の処分に不服のある者は、行政不服審査法の規定により、都道府県労働局長に異議申立てまたは厚生労働大臣に審査請求することができます。

こちらの不服申立ては、保険給付の場合よりも時間が掛かります。


関連記事

保険給付を受ける権利を有する者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき保険給付で、まだ支給されていないものがあるときは、一定の遺...


政府は、以下の1~3の場合に、保険給付の支払いを一時差し止めることができます。 当該差し止め理由が解消されれば支給再開されますが、ど...


労災保険の保険給付を受ける権利は、以下の2つから成り立っています。 基本権基本権とは、年金たる保険給付を受ける権利そのもののことです...


保険給付を受ける権利(基本権)の時効期間及び起算日は以下の通りです。 なお、支給決定が行われた保険給付を受ける権利(支分権)について...


政府は、偽りその他不正の手段により保険給付を受けた者から、その保険給付に要した費用の全部または一部を徴収することができます。 それが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報