労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 社会復帰促進等事業 » 労働条件確保事業

労働条件確保事業


労働条件確保事業は、賃金の支払の確保、労働条件に係る事項の管理に関する事業主に対する指導及び援助その他適正な労働条件の確保を図るために行われる事業です。

未払賃金立替払事業

労災保険の適用事業所が倒産した場合に、賃金を支払われないまま退職した労働者に対して賃金の一部が労災保険から支給されます。

内容からすると雇用保険で行われると思われるでしょうが、意外にも労災保険から行われるのです。

退職日の6ヶ月前の日から支払期日が到来している給料・退職手当の100分の80の支給額ですが、年齢に応じた上限額が設定されているので、これ以上は支給されません。

勤労者財産形成促進制度への助成

貯蓄やマイホーム購入を目的に、労働者の意向により事業主が給料から一定額を天引きして貯蓄する制度です。

元本550万円までなら、そこから生じる利子等は非課税となります。


関連記事

社会復帰促進事業は、被災労働者の社会復帰を助けるために、保険給付と併せて行われる事業です。 [myphp file='ads1'] ...


ボーナス特別支給金は、特別給与を算定基礎として支給される支給金で、以下のような内容になっています。 同じ特別という言葉が付きますが、...


障害補償給付の受給権者に対して、障害特別支給金として、障害等級に応じた次の額が一時金で支給されます。 通勤災害である障害年金・障害一...


遺族補償年金・遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別支給金として、300万円の一時金が支給されます。 通勤災害である遺族年金・遺...


休業補償給付の受給権者に対して、休業特別支給金として、1日につき休業給付基礎日額の100分の20が支給されます。 つまり、休業補償給...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報