労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 社会復帰促進等事業 » ボーナス特別支給金

ボーナス特別支給金


ボーナス特別支給金は、特別給与を算定基礎として支給される支給金で、以下のような内容になっています。

同じ特別という言葉が付きますが、特別加入者にはボーナス特別支給金は支給されません。その理由は、特別加入者はボーナスを算定できないからです。



ボーナス特別支給金の内容は次のとおりです。

なお、ボーナス特別支給金の内、年金として支給されるものについては、保険給付と同様に年6回に分けて支給されます。



算定基礎日額

ボーナス特別支給金は算定基礎日額の何日分という形で支給されます。

計算は、まず、算定基礎年額を出し、その額を365で除した額が算定基礎日額となります。

算定基礎年額
被災日以前1年間(雇入れから1年経っていないときは雇入れ後の期間)に支払われた特別給与(3ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金)の総額。

ただし、上限が設定されており、上記の額が次の1または2のいずれか低い方を超える場合は、1または2の内、低い方となります。

  1. 給付基礎日額 × 365 × 20%
  2. 150万円

算定基礎日額
算定基礎年額 / 365 (1円未満の端数は1円に切り上げ)


関連記事

傷病補償年金の受給権者に対して、傷病特別年金として、傷病等級に応じた次の額が年金として支給されます。 通勤災害である傷病年金の受給権者に対...


障害補償年金差額一時金の受給権者に対して、障害特別年金差額一時金として、障害等級に応じた次の額よりも受給済みの障害特別年金の総額が少ない場合...


遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別一時金として、労働者の死亡の当時に遺族補償年金の受給権者がいない場合、算定基礎日額の1,000日分...


遺族補償年金・遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別支給金として、300万円の一時金が支給されます。 通勤災害である遺族年金・遺族一時...


休業補償給付の受給権者に対して、休業特別支給金として、1日につき休業給付基礎日額の100分の20が支給されます。 つまり、休業補償給付の受...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災ニュース

2020年から、副業・兼業も労災保険の対象となる見込みです。そのメリット・デメ...

労災ニュース

2019年11月15日、厚生労働省が、「精神疾患の労災認定の理由」に「パワハラ...

労災に関する質問と回答

2019年9月12日-会社に提出しているルート以外は、もし何かあった場合でも、...

労災に関する質問と回答

2019年8月8日-勤務中、戸外での清掃時に蜂に刺された際は、労災の対象になる...

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災保険カテゴリー

サイト情報