労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 埋葬料・葬祭費(健康保険・国民健康保険)

埋葬料・葬祭費(健康保険・国民健康保険)


健康保険において、被保険者が亡くなった時に支給されるのが『埋葬料・埋葬費』、被扶養者が亡くなった時に支給されるのが『家族埋葬料』です。

国民健康保険にも葬祭費がありますが、こちらは法定任意給付となっており、条例・規約で定めることで行われています。



健康保険の埋葬料・埋葬費

亡くなった方や生計関係の有無で支給要件・支給額が異なるので気を付けてください。

支給要件 支給額
埋葬料
被保険者が死亡し、当該被保険者により生計を維持していた者であって、埋葬を行う者に支給される。
※生計の一部でも負担されていればよく、親族・家族・同一世帯である必要はない
5万円
埋葬費
埋葬料の支給を受ける者がいない時に、埋葬を行った者に支給される。
※請求は埋葬後にしなければならない
5万円以内で実際に埋葬に要した金額
家族埋葬料
被扶養者が死亡した時に、被保険者に支給される。 5万円


国民健康保険の葬祭費

国民健康保険の被保険者が死亡した時に支給されます。

お住まいに地域によって支給額が異なるので注意してください。

支給要件 支給額
葬祭費
加入者が死亡した場合において、葬儀を行った者に支給される。 平均5万円
※自治体によって2万円だったり5万円、7万円だったりと異なります。市区町村役場でご確認ください

関連記事

国民健康保険における被保険者とは、個人事業主等雇われずに働く者とその家族のことを意味し、被扶養者は存在しません。 したがって、健康保険・船...


労災保険とは、会社員が業務上の事由または通勤で負傷・疾病・障害・死亡等を負ったときに保険給付を行います。 仕事中の傷病等については、労働基...


仕事・通勤とは関係なくかかった病気により病院で診察を受けたり、仕事・通勤とは関係なく負ったケガの治療を診療所で受けたりした時に支給されるのが...


病気やケガにより居宅で療養を受けている人が、医師の指示に基づて訪問看護ステーションなどを利用した場合、現物給付として『訪問看護療養費・家族訪...


療養の給付を受けた場合に支払う一部負担金、保険外併用療養費を受けた場合に支払う自己負担額が高額となると、被保険者・被扶養者はその医療を続けら...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報