労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 健康保険・国民健康保険 » 入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)

入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)


65歳以上の被保険者・被扶養者が、保険医療機関等である病院または診療所に入院して、療養の給付と併せて生活療養(食事・居住)を受けた時に支給されるのが『入院時生活療養費』です。

特定長期入院被保険者(65歳に達する日の翌月以後である被保険者)を対象としており、65歳未満の方には食事のみの入院時食事療養費が適用されます。

入院時生活療養費の額

入院時生活療養費は、生活に要する平均的な費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額となっています。

実際には、被保険者・被扶養者が生活療養標準負担額を保険医療機関等に支払い、残りの部分を現物給付として受けることになります。

対象者生活療養標準負担額
(食費 + 居住費)
健康保険・国民健康保険・共済制度共通
入院時生活療養費I
※地方厚生局長に届け出た保険医療機関による生活療養
1食460円 + 1日370円
入院時生活療養費II
※それ以外の保険医療機関による生活療養
1食420円 + 1日370円
低所得者II
※市町村民税非課税者
※難病者等を除く
1食210円 + 1日370円
低所得者I
※所得がない者等
※難病者等を除く
1食130円 + 1日370円
難病者等
※病状の程度が重篤な者等
1食260円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日以下)
※市町村民税非課税者
1食210円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日超)
※市町村民税非課税者
1食160円 + 1日0円
難病等である低所得者I
※所得がない者等
1食100円 + 1日0円

関連記事

療養の給付を受けた場合に支払う一部負担金、保険外併用療養費を受けた場合に支払う自己負担額が高額となると、被保険者・被扶養者はその医療を続け...


現在の日本は国民皆保険で、すべての人が何らかの医療保険に加入して保険料を納付し、その代わりとして病気やケガを負った時に保険給付を受けられる...


保険者とは、保険事業を運営・管理するもので、保険料を徴収して保険給付を行います。「者」となっていますが、人ではなく組織です。 当然、...


健康保険は、任意継続被保険者以外、会社や工場など事業所を単位として適用されます。 つまり、その事業所で働く人は、労働時間が極端に短い...


病気やケガで移動が困難な被保険者・被扶養者が、療養の給付を受けるため、医療機関に移送されたときに支給されるのが『移送費・家族移送費』です。...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最新記事

労災認定の基準

行為中は通勤でなくてもその後に元の道に戻った時は通勤とみなされる「日常生活上必...

労災認定の基準

出勤・退社時に行うささいな事は逸脱・中断とはみなされず、通勤として扱われます。...

労災認定の基準

飲食店に立ち寄り、その後の帰宅途中で災害に遭った場合は、その時の立場によって通...

労災認定の基準

単身赴任している場合、相応の理由があれば、赴任先住居と帰省先住所の移動中の傷病...

労災認定の基準

仕事の掛持ちで2つの会社の移動中に災害に遭った場合も、条件を満たせば通勤災害と...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報