労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)

入院時生活療養費(健康保険・国民健康保険)


65歳以上の被保険者・被扶養者が、保険医療機関等である病院または診療所に入院して、療養の給付と併せて生活療養(食事・居住)を受けた時に支給されるのが『入院時生活療養費』です。

特定長期入院被保険者(65歳に達する日の翌月以後である被保険者)を対象としており、65歳未満の方には食事のみの入院時食事療養費が適用されます。



入院時生活療養費の額

入院時生活療養費は、生活に要する平均的な費用の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額となっています。

実際には、被保険者・被扶養者が生活療養標準負担額を保険医療機関等に支払い、残りの部分を現物給付として受けることになります。


対象者 生活療養標準負担額
(食費 + 居住費)
健康保険・国民健康保険・共済制度共通
入院時生活療養費I

※地方厚生局長に届け出た保険医療機関による生活療養
1食460円 + 1日320円
入院時生活療養費II
※それ以外の保険医療機関による生活療養
1食420円 + 1日320円
低所得者II
※市町村民税非課税者
※難病者等を除く
1食210円 + 1日320円
低所得者I
※所得がない者等
※難病者等を除く
1食130円 + 1日320円
難病者等
※病状の程度が重篤な者等
1食260円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日以下)
※市町村民税非課税者
1食210円 + 1日0円
難病等である低所得者II
(入院日数90日超)
※市町村民税非課税者
1食160円 + 1日0円
難病等である低所得者I
※所得がない者等
1食100円 + 1日0円

関連記事

仕事・通勤とは関係なくかかった病気により病院で診察を受けたり、仕事・通勤とは関係なく負ったケガの治療を診療所で受けたりした時に支給されるのが...


健康保険における被保険者とは、一般企業で働く労働者のことで、私生活での疾病・負傷・出産・死亡に対して、以下の保険給付を受けることが出来ます。...


病気やケガにより居宅で療養を受けている人が、医師の指示に基づて訪問看護ステーションなどを利用した場合、現物給付として『訪問看護療養費・家族訪...


被保険者(任意継続被保険者・特例退職被保険者を除く)が出産の前後に仕事を休み、給料を受けなかった時に支給される現金給付が『出産手当金』です。...


保険者とは、保険事業を運営・管理するもので、保険料を徴収して保険給付を行います。 「者」となっていますが、人ではなく組織です。 ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年にあった労災保険の簡単な質問に対する回答です。 労災保険の質問に回答...

労災ニュース

横浜市のビルメンテナンス会社に勤務する高齢パート女性の業務中の大ケガについて、...

労災ニュース

2016年4月に中皮腫で亡くなった舞台俳優の加藤大善さんについて、7月10日付...

労災保険カテゴリー

サイト情報