労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 障害補償給付

障害補償給付


障害補償給付は、業務上の傷病が治癒した後、障害が残った時に支給される保険給付です。

なお、通勤災害の場合は、障害給付(障害年金・障害一時金)と言います。

第1級から第7級の重い障害に対しては障害補償年金が支給され、第8級から第14級までの比較的軽い障害に対しては障害補償一時金が支給されます。

言葉からもわかる通り、年金は障害を有している間支給されますが、一時金は1回支給されるだけです。



障害補償給付の額

障害補償給付の額は、労働者災害補償保険法施行規則別表1で定める障害等級の区分により、以下の通りになっています。

なお、障害等級表に当てはまらない障害については、障害等級表にある障害に準じて障害等級を決定することになっています。

障害補償年金(年金として年6回に分けて支給)
給付基礎日額
第1級  313日分
第2級  277日分
第3級  245日分
第4級  213日分
第5級  184日分
第6級  156日分
第7級  131日分

障害補償一時金(一時金として1回のみ支給)
給付基礎日額の
第8級  503日分
第9級  391日分
第10級 302日分
第11級 223日分
第12級 156日分
第13級 101日分
第14級 56日分

なお、障害補償給付の受給権者には、特別支給金である障害特別支給金と、ボーナス特別支給金である障害特別年金・障害特別一時金も支給されます。

障害等級の併合・繰上げ

同一の事由により障害が2つ以上残った場合は、障害等級の併合又は繰上げが行われます。

併合
一方の障害等級が第14級の場合、重い方の障害等級になります。
つまり、障害等級第14級は考慮されないのです。

繰上げ
以下の場合、重い方の障害等級が繰上げられます。

  • 第13級以上の障害が2つ以上(重い方の障害等級を1級繰上げる)
  • 第8級以上の障害が2つ以上(重い方の障害等級を2級繰上げる)
  • 第5級以上の障害が2つ以上(重い方の障害等級を3級繰上げる)

ただし、障害等級第9級と第13級の繰上げの場合、障害等級第8級となりますが、給付基礎日額の503日分ではなく、第9級の391日分と第13級の101日分の合算額である492日分が支給されます。



障害補償給付の加重

業務上・外を問わない障害をすでに有している労働者が、新たな業務災害によって同一部位の障害の程度を重くした場合、以下のように支給額が決定されます。

加重前・後の障害がともに7級以上の場合
加重後の障害補償年金額 - 加重前の障害補償年金額
加重前の障害が業務災害の場合、その障害補償年金はそのまま支給され、新たに上記式で求められる額が支給されます。

加重前・後の障害ともに8級以下の場合
加重後の障害補償一時金額 - 加重前の障害補償一時金額
8級以下は一時金なので、上記式のように、差額が支給されます。

加重前は8級以下、加重後は7級以上の場合
加重後の障害補償年金額 - 加重前の障害補償一時金額 × 1 / 25
加重後の年金額から、すでに受けている一時金の25分の1を差し引いた額が、障害補償年金額となります。

障害補償年金の変更

障害補償年金を受給している労働者の障害の程度が自然的経過により増進し、又は軽減したために、新たに他の障害等級に該当するに至った場合には、新たな障害等級に応ずる障害補償年金または障害補償一時金が支給されます。

変更されるのは障害補償年金(第1級~第7級)の場合のみです

障害補償一時金(第8級~第14級)の場合は、自然的経過によって障害の程度が変わっても、新たな障害補償給付は行われません。


関連記事

遺族補償一時金は、労働者の死亡の当時、遺族補償年金の受給資格者がいない場合に、給付基礎日額の1,000日分が支給されます。 ただし、遺族補...


遺族補償年金の支給を受ける際に、まとまったお金が必要な場合は、遺族補償年金前払一時金として、給付基礎日額の1,000日分を上限に一時金の支給...


休業補償給付の支給を受けるためには、次の3つの要件をすべて満たす必要があります。 業務上の負傷または疾病により療養していること ...


障害補償年金の支給を受ける際にまとまったお金が必要な場合は、障害補償年金前払一時金として、以下の額の支給を受けることが可能です。 なお、通...


通勤災害の保険給付は、以下の点で、業務災害の保険給付とは異なります。 業務災害の給付名から補償が取り除かれている(例外:葬祭料は葬祭...



Comments

  1. MM より:

    労災年金受給者です。満65歳後期高齢者に成ると年金支給額は、変わりますか。

    • MIC より:

      支給時由が同じですと、労災保険と国民年金・厚生年金保険で調整が行われます。

      労災年金が減額支給されて、国民年金・厚生年金保険が全額支給されます。

      現時点で、併給の調整が行われているはずなので、分かるはずです。

      ちなみに、後期高齢者とは、75歳以上の人のことです。

  2. サクサクっ より:

    現在、労災で治療中です。

    高いところから落ちて首肩腰を強打。

    腕と足に電気が走るような痺れが慢性的に残り、酷いときは立てなくなったり、物が持てなくなったりします。

    現状維持(治癒)で、来週で労災治療終わりと言われました。

    障害年金給付の手続きをすると言われました。

    見た目では分からないからか、お医者さんは「働けるでしょう」と軽く言います。

    自分では、30分でも立ちっぱなし座りっぱなしが無理なので、運転も辛いし買い物も一人で行かれません。

    私生活でも支障があります。

    こちらに掲載されてる表をみて、7等級かなと思ってますが・・・。

    何を基準に等級を決めるんですか?

    自覚症状は無視されてるようで・・・

    • MIC より:

      治療してもこれ以上回復しないと、医師が判断したら治療は終了です。

      等級は、障害等級表によって決まります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年11月4日-労災指定病院では無い病院に行った場合、休業中の給料は出な...

労災に関する質問と回答

2017年11月4日-平成20年6月12日に息子を仕事中の事故で亡くした母です...

労災に関する質問と回答

2017年11月2日-全治3か月の診断を受け、松葉杖歩行を余儀なくされました。...

労災保険カテゴリー

サイト情報