労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 労災に関する質問と回答 » 休業補償給付と障害補償給付の併給について

休業補償給付と障害補償給付の併給について


平成28年7月26日から8月26日の期間、左肩脱臼骨折し、人工骨頭になりました。

労働基準監督署から「障害補償給付の対象になるのでは・・・」と連絡があり、休業補償給付と障害補償給付の請求を致しました。

休業補償は、2週間くらいで支給されました。

診断書の費用が保険給付として支給されました。

障害補償給付は、まだ連絡がありません。

どのくらいの期間がかかるのでしょうか?

診断書の費用が支給された時点で、認定にはならなかったのでしょうか?

質問日:2018年4月28日



休業補償給付と障害補償給付が併給されることはありません。

休業(補償)給付
仕事中・通勤中に負ったケガや病気が治っておらず、そのため労働不能で、賃金がでない場合に支給される保険給付

障害(補償)給付
仕事中・通勤中に負ったケガや病気が治癒し、障害が残った時に支給される保険給付

上記の説明の通り、「休業補償給付は治癒前」「障害補償給付は治癒後」というように、支給されるタイミングが違うので、一緒に支給されることはないのです。

今現在、治癒しており、障害が残っているならば、障害補償給付が支給されますが、人工骨頭置換術を受けたということだけで障害補償給付が支給されることはありません。

これについては、労働基準監督署に問い合わせてください。

ちなみに、治癒前に支給される労災保険給付同士の併給関係は、次の通りです。

  • 療養補償給付と休業補償給付(併給可能)
  • 療養補償給付と傷病補償年金(併給可能)
  • 休業補償給付と傷病補償年金(併給不可)

労災保険に関する質問がある方は、労働基準監督署にお問い合わせください。
当サイトに対しての質問には限界があります。詳しくは、利用規約をお読みください。

関連記事

二次健康診断等給付の支給要件についてです。 「いずれの項目にも異常の所見があると判断された場合」とは、具体的にはどのような事象でしょうか&...


2019年4月2日に、通勤中、事故に遭いました。 顔面、頭部打撲で労災認定されていますが、首の痛みに最近気が付きました。(顔面の疼痛、頭の不...


平成20年6月12日に息子を仕事中の事故で亡くした母ですが、その後、労災で遺族年金等が支給されました。(遺族補償年金前払一時金1000日分を...


困っている人の助けになればという思いから、当サイトでは、できる限り、労災保険の質問に回答しています。 しかし、短文での質問や簡単な回答に対...


1年半前に仕事中に怪我をし、頸椎症性脊髄症になり即手術しました。未だに強い痛みや痺れ、感覚麻痺などがありまして、仕事は復帰してますが半分程は...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2020年10月31日-仕事中に会社の機械で怪我をした場合、利き手の親指が1c...

労災に関する質問と回答

2020年にあった労災保険に関する質問に対し、簡単に回答しています。ぜひ、参考...

労災に関する質問と回答

2020年8月3日-作業中、階段から転倒し、ズボンが破れ、腕時計のガラスに傷が...

労災に関する質問と回答

2020年7月15日-従業員の社員が疲労骨折で入院しましたが、骨折した日時や場...

労災に関する質問と回答

2020年7月3日-加害者側と慰謝料の交渉中で、会社の制度で障害補償付加金等も...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報