労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 遺族特別一時金

遺族特別一時金


遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別一時金として、労働者の死亡の当時に遺族補償年金の受給権者がいない場合、算定基礎日額の1,000日分が一時金として支給されます。

通勤災害である遺族一時金の受給権者に対しても支給されます。

労働者の死亡の当時に遺族補償年金の受給権者がいる場合、すべての受給権者が失権し、それまでに支給された遺族特別年金の総額が算定基礎日額の1,000日分以下であれば、その差額が支給されます。

遺族特別一時金 = 算定基礎日額1,000日分 - 受給済みの遺族特別年金の総額



遺族補償一時金の受給権者がもらえる給付

遺族補償一時金の受給権者には次の2つの給付が支給されます。



さらに、労働者の死亡の当時に遺族補償年金の受給権者がいない場合は、遺族補償一時金の受給権者に遺族特別支給金も支給されます。


関連記事

安全衛生確保事業は、業務災害の防止に関する活動に対する援助、健康診断に関する施設の設置及び運営その他労働者の安全及び衛生の確保のために行われ...


休業補償給付の受給権者に対して、休業特別支給金として、1日につき休業給付基礎日額の100分の20が支給されます。 つまり、休業補償給付の受...


社会復帰促進事業は、被災労働者の社会復帰を助けるために、保険給付と併せて行われる事業です。 [myphp file='ads1'] 具体...


遺族補償年金・遺族補償一時金の受給権者に対して、遺族特別支給金として、300万円の一時金が支給されます。 通勤災害である遺族年金・遺族一時...


労働条件確保事業は、賃金の支払の確保、労働条件に係る事項の管理に関する事業主に対する指導及び援助その他適正な労働条件の確保を図るために行われ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2018年4月16日-IT系の会社にプログラマーとして就職しましたが、突然首が...

労災ニュース

2018年4月6日、高野山の寺院に勤める40代の男性僧侶が、過労によるうつ病に...

労災に関する質問と回答

2018年2月26日-バイクでの通勤途中、転倒して、右足甲を粉砕骨折してしまい...

労災保険カテゴリー

サイト情報