労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 出産手当金(健康保険・国民健康保険)

出産手当金(健康保険・国民健康保険)


被保険者(任意継続被保険者・特例退職被保険者を除く)が出産の前後に仕事を休み、給料を受けなかった時に支給される現金給付が『出産手当金』です。

健康保険、共済組合制度では行われる保険給付ですが、国民健康保険では任意給付とされており、ほとんどの市区町村・国民健康保険組合で行われていません。

国民健康保険の被保険者の方は、一応、保険者にご確認ください。



出産手当金の支給要件

出産手当金の支給を受けるには、以下の二つの条件を満たす必要があります。

(1)出産日の前後の一定期間、仕事を休む

(2)その期間、給料を受けない

出産手当金の支給期間

出産の日(出産の日が出産の予定日後であるときは出産の予定日)以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から、出産の日後56日までの間、労働しなかった期間について支給されます。

例えば、出産予定日より前に出産した場合、
42日 + 56日 = 98日分(1人)
98日 + 56日 = 154日分(双子以上)、となります。

出産予定日より5日後に出産した場合は、
42日 + 5日 + 56日 = 103日分(1人)
98日 + 5日 + 56日 = 159日分(双子以上)、となります。

出産予定日よりも遅く出産した場合は、その日数分、プラスして支給されるということです。



出産手当金の支給額・給料や傷病手当金との調整

1日につき、標準報酬日額の3分の2です。

ただし、共済組合制度では、別途、定められています。

給料が支払われる場合は、給料が出産手当金の額に満たない場合に限り、その差額が支給されます。

なお、同時に傷病手当金の支給要件を満たしている場合は、傷病手当金は支給されず、出産手当金が支給されます。

さらに、先に傷病手当金が支給されている時は、出産手当金の内払とみなされます。


関連記事

被保険者・被扶養者が妊娠4ヶ月(85日)以上の出産をした時に支給される保険給付で、生産、死産、(人工)流産、早産を問わず支給されます。 健...


仕事・通勤とは関係なくかかった病気により病院で診察を受けたり、仕事・通勤とは関係なく負ったケガの治療を診療所で受けたりした時に支給されるのが...


病気やケガにより居宅で療養を受けている人が、医師の指示に基づて訪問看護ステーションなどを利用した場合、現物給付として『訪問看護療養費・家族訪...


健康保険における被保険者とは、一般企業で働く労働者のことで、私生活での疾病・負傷・出産・死亡に対して、以下の保険給付を受けることが出来ます。...


療養の給付を受けた場合に支払う一部負担金、保険外併用療養費を受けた場合に支払う自己負担額が高額となると、被保険者・被扶養者はその医療を続けら...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

労災に関する質問と回答

2017年9月29日-二次健康診断等給付の支給要件について、わかりやすく事例等...

労災に関する質問と回答

2017年9月1日-労災保険遺族年金は配偶者に出ていますが、その当時、子供5人...

労災に関する質問と回答

2017年6月27日-先日、現況報告を済ませたばかりですが、6月XX日、年金受...

労災保険カテゴリー

サイト情報