労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
HOME » 健康保険・国民健康保険 » 出産育児一時金・家族出産育児一時金(健康保険・国民健康保険)

出産育児一時金・家族出産育児一時金(健康保険・国民健康保険)


被保険者・被扶養者が妊娠4ヶ月(85日)以上の出産をした時に支給される保険給付で、生産、死産、(人工)流産、早産を問わず支給されます。

健康保険のほか、国民健康保険、共済組合制度等でも行われている保険給付ですが、健康保険では絶対に支給される保険給付であるのに対し、国民健康保険では条例・規約で定めるところにより行われる法定任意給付となっており、絶対に行われる保険給付には位置していません。

ただ、実際には条例・規約で定められ支給されているのが現状です。



出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給額

出産育児一時金と家族出産育児一時金の受給条件・金額は同じです。

産科医療補償制度(分娩に関連した重度の脳性麻痺に対して補償する制度)に加入している病院等で出産した場合は、加入していない病院等での出産よりも3万円多くなります。

そして、胎児数に応じて支給されます。

例えば、産科医療補償制度に加入している病院等で双子を出産した場合、
42万円 × 2人 で、84万円の支給となります。

産科医療補償制度の有無 支給額
健康保険・国民健康保険共通
加入していない 1児につき定額39万円
加入している 1児につき定額42万円


出産育児一時金・家族出産育児一時金の請求方法・支払方法

請求方法は、出産育児一時金請求書に市区町村長、医師または助産師の証明書を添付して、保険者に提出してください。

支払方法は以下の3通りです。

直接支払制度 被保険者等と医療機関等との合意に基づき、被保険者等に代わって医療機関等が支払機関を経由して申請・受け取りを行う。
受取代理制度 被保険者等が医療機関等で申請書を作成し、その受け取りを医療機関等に委任。直接、医療機関等に支払われる。
その他 被保険者等が直接申請し、直接受け取る。

関連記事

正当な理由により療養の給付等を受けられず、被保険者・被扶養者が医療費を自ら支払った場合、後で保険者にその費用を請求できます。これが、『療養費...


病気やケガで移動が困難な被保険者・被扶養者が、療養の給付を受けるため、医療機関に移送されたときに支給されるのが『移送費・家族移送費』です。 ...


国民健康保険料は世帯ごとに算出され、納付書という形で手元に届きます。 そして、銀行や郵便局、コンビニエンスストアでの納付や口座振替によって...


仕事・通勤とは関係なくかかった病気により病院で診察を受けたり、仕事・通勤とは関係なく負ったケガの治療を診療所で受けたりした時に支給されるのが...


国民健康保険制度の加入者は自営業者や農業従事者等です。 したがって、保険料を給料から天引きすることはできず、加入者がそれぞれ納付する必要が...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2020年にあった労災保険に関する質問に対し、簡単に回答しています。ぜひ、参考...

労災に関する質問と回答

2020年8月3日-作業中、階段から転倒し、ズボンが破れ、腕時計のガラスに傷が...

労災に関する質問と回答

2020年7月15日-従業員の社員が疲労骨折で入院しましたが、骨折した日時や場...

労災に関する質問と回答

2020年7月3日-加害者側と慰謝料の交渉中で、会社の制度で障害補償付加金等も...

勉強

私は、1年9ヶ月間独学で勉強し、第35回(平成15年度)の社労士試験で一発合格...

労災保険カテゴリー

社労士試験

サイト情報