労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 出産育児一時金・家族出産育児一時金(健康保険・国民健康保険)

出産育児一時金・家族出産育児一時金(健康保険・国民健康保険)


被保険者・被扶養者が妊娠4ヶ月(85日)以上の出産をした時に支給される保険給付で、生産、死産、(人工)流産、早産を問わず支給されます。

健康保険のほか、国民健康保険、共済組合制度等でも行われている保険給付ですが、健康保険では絶対に支給される保険給付であるのに対し、国民健康保険では条例・規約で定めるところにより行われる法定任意給付となっており、絶対に行われる保険給付には位置していません。

ただ、実際には条例・規約で定められ支給されているのが現状です。



出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給額

出産育児一時金と家族出産育児一時金の受給条件・金額は同じです。

産科医療補償制度(分娩に関連した重度の脳性麻痺に対して補償する制度)に加入している病院等で出産した場合は、加入していない病院等での出産よりも3万円多くなります。

そして、胎児数に応じて支給されます。

例えば、産科医療補償制度に加入している病院等で双子を出産した場合、
42万円 × 2人 で、84万円の支給となります。

産科医療補償制度の有無 支給額
健康保険・国民健康保険共通
加入していない 1児につき定額39万円
加入している 1児につき定額42万円


出産育児一時金・家族出産育児一時金の請求方法・支払方法

請求方法は、出産育児一時金請求書に市区町村長、医師または助産師の証明書を添付して、保険者に提出してください。

支払方法は以下の3通りです。

直接支払制度 被保険者等と医療機関等との合意に基づき、被保険者等に代わって医療機関等が支払機関を経由して申請・受け取りを行う。
受取代理制度 被保険者等が医療機関等で申請書を作成し、その受け取りを医療機関等に委任。直接、医療機関等に支払われる。
その他 被保険者等が直接申請し、直接受け取る。

関連記事

健康保険における被保険者とは、一般企業で働く労働者のことで、私生活での疾病・負傷・出産・死亡に対して、以下の保険給付を受けることが出来ます。...


健康保険は、任意継続被保険者以外、会社や工場など事業所を単位として適用されます。 つまり、その事業所で働く人は、労働時間が極端に短い等の理...


病気やケガで移動が困難な被保険者・被扶養者が、療養の給付を受けるため、医療機関に移送されたときに支給されるのが『移送費・家族移送費』です。 ...


保険者とは、保険事業を運営・管理するもので、保険料を徴収して保険給付を行います。 「者」となっていますが、人ではなく組織です。 ...


正当な理由により療養の給付等を受けられず、被保険者・被扶養者が医療費を自ら支払った場合、後で保険者にその費用を請求できます。これが、『療養費...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2019年7月9日-職場では、整形外科の診察でないと認められないの一点張りです...

労災ニュース

2009年に自ら命を絶った産婦人科医の男性について、広島地裁が業務に伴ううつ病...

労災ニュース

大阪ミナミのホストクラブ『ブラックパール』で働くホストの男性が、2012年8月...

労災ニュース

大阪市の人気フランス料理店で働いていた調理師が亡くなり、労災を認められなかった...

労災ニュース

東京都内の建築設計事務所に勤務する女性が適応障害を発症し、2019年3月18日...

労災保険カテゴリー

サイト情報