労災保険(労働者災害補償保険)の保険給付とその仕組みをわかりやすく解説いたします。もしもの業務災害・通勤災害にご活用ください。
よくわかる労災保険
» » 労災保険と健康保険の違い

労災保険と健康保険の違い


労災保険とは、会社員が業務上の事由または通勤で負傷・疾病・障害・死亡等を負ったときに保険給付を行います。

仕事中の傷病等については、労働基準法に災害補償が定められており、事業主が補償しなければならないのですが、労災保険に加入することにより事業主の負担を和らげているのです。

更に、事業主の責任がない通勤中の傷病等についても、労働者の援護という趣旨から保険給付を行っています。

一方、健康保険とは、会社員とその被扶養者の私生活での傷病等に対して保険給付を行います。

簡単に説明すると
労災保険 仕事中・通勤中の傷病等が対象
健康保険 私的な時間の傷病等が対象
となります。

なお、国民皆保険制度となっており、健康保険の部分はそれぞれの職業や立場により、次のとおりの医療保険制度に加入しています。

保険給付の内容は大体同じとなっておりますが、多少あるないの違いがあったり、金額が違っていることがあります。

職業 医療保険制度
会社員(サラリーマン・OL)とその家族 健康保険
自営業者・無職者等とその家族
※短期滞在者を除き外国人も被保険者となる
国民健康保険
公務員とその家族 共済組合
私立学校の職員とその家族 私立学校教職員共済組合
船舶所有者に使用される者 船員保険


健康保険給付・国民健康保険給付



健康保険給付・国民健康保険給付の仕組み


関連記事

病気やケガにより居宅で療養を受けている人が、医師の指示に基づて訪問看護ステーションなどを利用した場合、現物給付として『訪問看護療養費・家族訪...


被保険者・被扶養者が妊娠4ヶ月(85日)以上の出産をした時に支給される保険給付で、生産、死産、(人工)流産、早産を問わず支給されます。 健...


保険者とは、保険事業を運営・管理するもので、保険料を徴収して保険給付を行います。 「者」となっていますが、人ではなく組織です。 ...


健康保険における被保険者とは、一般企業で働く労働者のことで、私生活での疾病・負傷・出産・死亡に対して、以下の保険給付を受けることが出来ます。...


現在の日本は国民皆保険で、すべての人が何らかの医療保険に加入して保険料を納付し、その代わりとして病気やケガを負った時に保険給付を受けられるよ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

労災に関する質問と回答

2018年6月26日-労災側は相手方に対し求償いたしますが、相手方の自賠責保険...

労災に関する質問と回答

会社に、公共交通機関での通勤を申請してありますが、訳あってバイクにて通勤中、交...

労災ニュース

2018年5月25日、働き方改革関連法案が、衆院厚生労働委員会で可決されました...

労災保険カテゴリー

サイト情報